考察

今日の考察/和歌山市の断水騒ぎ、なぜ起きた? 水道管老朽化、対応遅れる自治体(1/2ページ) – 産経ニュース

日本の自然環境庁の副議長である亀井栄治司教は、危機とその原因についての国民の認識の欠如が、危機が起こった後、住民による「巨大な過剰反応」につながったと述べた。

「これは自然災害ではなかった」と亀井栄司司教は言った。 「汚染された水を使用していた人々がいましたが、公の警告はありませんでした。人々はそれを無罪で使用していました。そして、私たちは共有すべき多くの責任があります。」

「多くの家族にとって、それは単なる水不足や健康問題ではありません」と亀井英司司教は言いました。 「これは道徳的かつ法的問題です。」

水危機により、日曜日の集会を含む一連の抗議が行われ、回答が求められました。

通りに連れて行った人々の中には、自民党の環境活動家と議員がいました。

抗議運動は日曜日に北浜の高浜で始まり、住民は地元の役人に答えを求めた。

抗議はまた、デモ参加者も通りに行った東京を含む西日本の一部に広がった。

日本の安倍Shin三首相は危機を解決することを誓い、政府は水質汚染に苦しむ人々を助けるために「もっとやらなければならない」と言った。

「私たちには、この災害の影響を受けるすべての人の命を守る義務があります」と安倍首相は月曜日に語った。

今日の考察/自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴 - 毎日新聞自民党、北海道第2次補選で「ノーコンテスト」を選択 敗北なら首相の責任 - 毎日新聞sansevents 自民党、北海道第2次補選で「...

「私は水危機とそれが人々に及ぼしたすべての負の影響に深く悩んでいます。私たちは、外国の助けを取り入れることを含めて、日本人を助けるために可能な限りのことをすることを決意しています。」

これに対応して、日本政府は、政府、地方自治体、企業、民間企業、科学者の代表を含むタスクフォースを設置し、危機の原因を調査し、解決策を見つけました。

タスクフォースは、1月までに報告書を提出する予定です。

水危機は、暴風雨と下水が近くの焼却炉から溢れ出て水道に漏れた後に始まりました。

水は、一定のレベルに達した後、海に放出される前に最初に塩素で処理されました。

しかし、地方自治体は下水を浄化せず、汚染された水は海に放出されました。

一部のコミュニティでは、住民は漏出後に汚染された水に浸かり始めました。

最新のデータによると、高浜の571人を含む約6,000人が水危機の影響を受けています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

和歌山市の断水騒ぎ、なぜ起きた? 水道管老朽化、対応遅れる自治体(1/2ページ) – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by infomatique

今日の考察/全国の自宅療養者 3万人超える|TBS NEWSNIGMS健康安全保障センターのディレクターであり、米国疾病対策予防センターと退役軍人局の研究者であるダニエル・J・フリードマン博士の共...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です