考察

今日の考察/コロナウイルスと闘う医師が伝える武漢の惨状 東アジア「深層取材ノート」(第18回)(1/3) | JBpress(Japan Business Press)

医学研究コミュニティが世界保健機関のコロナウイルスの流行と戦うのを手伝いたい場合は、中国医学アカデミー(CAMS)世界保健機関(WHO)ワクチン研究プログラムにメール(rk.vizi@mcs.ohio- state.edu。この問い合わせに回答するには、CAMS Health Research CenterおよびCAMPUS Public Health of National Healthの所属を確認する必要があります。

CAMSは、米国保健福祉省に所属する公衆衛生研究センターです。 CAMSは、米国最大の医学研究大学です。 5つの地域研究センターと国立医学部があります。 CAMSは、米国で最大の医学部であり、医師と患者の比率は9対1です。CAMSは、M.D。プログラムを持つ唯一の国立医学部です。マイケル・W・ムーア医学博士、FACS、FACEPは、疾病管理予防のためのCAMSセンターのディレクターです。リチャードE. K.チェン博士、FACS、FACEP、FACSPは、CAMS Center for Vaccine Researchのディレクターです。 Dr. Jeffrey A. Lipsitz、MD、MPHは、CAMS予防接種研究ユニットのディレクターであり、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の医学の准教授です。 FACPのティモシーC.ファウチ医師は、CAMSグローバルヘルスユニットのディレクターです。その他の教員は次のとおりです。MPHのケネスA.ミラー博士は、グローバルヘルスセンターのディレクターです。ウィリアム・D・ワートハイム医学博士は、国際ワクチン安全開発センターの所長です。 Dr. Jeffrey S. Fauci、MD、MPHは、ワクチンの安全性と予防接種部門のディレクターであり、ワクチンの安全性と予防接種部門のワクチンの安全性と予防接種プログラムの責任者です。 Dr. Bruce A. Henning、MDは、生物科学研究所の所長です。ジョン・W・カップ博士は、微生物学研究所の所長です。 Dr. Bruce A. Henning、MDは、免疫学研究所の所長です。マイケル・W・ムーア医学博士、FACS、FACEPは、ワクチン研究プログラムのディレクターです。 MPHのMDであるケネスA.ミラー博士は、Global Health Unitのディレクターです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

コロナウイルスと闘う医師が伝える武漢の惨状 東アジア「深層取材ノート」(第18回)(1/3) | JBpress(Japan Business Press)
jbpress.ismedia.jp


Photo by petechar

今日の考察/美智子さま、86歳に 医療従事者らの努力に心寄せる(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース08/06 08:00 AM 09/06 08:00 AM アメリカ/ロサンゼルス MM ライブイベント - WrestleMania ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です