考察

今日の考察/新型ウイルス肺炎「感染源は市場の野生動物か」中国の専門家 | NHKニュース

日本で野生で新しい肺炎ウイルスが発見されたため、隔離され、感染源が大規模に捜索されました。

以前に野生で発見されたこの病気は、最初は風邪と間違えられました。

しかし、北海道の岩国町の医師は9月にこのウイルスの新しい株を発見しました。これは人間に感染する可能性があり、新しいタイプの肺炎に分類されます。

このウイルスは、A / H1N1様肺炎またはH1N1パンデミックウイルスと呼ばれています。以前は、その名前はA / H1N1でした。

ウイルスは、肺に吸い込まれると人間に重度の呼吸器疾患を引き起こし、脊髄に入ると脳と脊髄に重度の炎症を引き起こす可能性があります。

病気は通常致命的です。

H1N1ウイルスは、2012年から中国の農場で流行しています。

中国政府は、田舎を訪れる際には、田舎に住み、屋内に滞在し、予防策を講じるよう警告しています。

NHKによると、岩国の医師は、ウイルスがどのように野生に侵入したかを判断しようとしています。

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

10月に実施された研究では、野生のバクテリアが人間によって国に持ち込まれ、H1N1ウイルスがしばらくの間野生で循環していることがわかりました。

研究チームは、細菌が2012年に野生に導入されたことを発見しました。

NHKは、岩国の獣医チームが新しいウイルスのソースを野生で検索しており、ウイルスの新しい株が野生から伝染することを望んでいると報告しています。

ジャパンタイムズによると、岩国の国立環境衛生研究所の近藤隆光博士は、野生で見つかった細菌はヒトの腸で見つかった細菌に似ているとH1N1ウイルスについて述べた。 「腸内の細菌は空中浮遊菌として機能する可能性があります。野生の細菌も空中浮遊菌になる可能性があります。」

H1N1ウイルスは、細菌で汚染された肉を食べている動物で発見されました。

このウイルスは1999年に初めて発見されました。

画像キャプションキャメロン氏は、7月にストロー氏を彼のオフィスに呼び、彼の役割を説明するように頼んだ

デビッドキャメロンは、政府のメールアカウントを使用して、以前の参謀長ニッククレッグに物議を醸すメールを送信したことを謝罪することを拒否しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型ウイルス肺炎「感染源は市場の野生動物か」中国の専門家 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by rverc

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です