考察

今日の考察/SARS研究の第一人者、新型肺炎に感染 現地調査で – ライブドアニュース

エボラ患者の野外グループに対する新型肺炎の影響を研究するために、マリで研究が実施されました(図1)。マリ大学のサルサニャ・M・サゾノウ博士とロンドンの生物医学研究所のウイルス学者であるポール・M・W・ハットン博士が率いるチームの研究は、世界保健機関ジャーナルの臨床感染症ジャーナルに掲載されました。

図1:2014年マリのエボラウイルス(EBOV)

「これは、エボラウイルス病に冒された最初の国の1つであるマリでエボラウイルスについて行われたフィールド研究でした。これは、エボラ患者の治療の影響が非常に否定的であることを示した研究です。」 。

「この研究の最も劇的な結果は、この患者が治療の中心で治療されていたとき、エボラの最も重篤な症例はもはや存在しなかったことです。これは顕著な効果です。」

この研究では、さまざまな状況で治療を受けた患者のサンプルでエボラウイルスの挙動を比較し、治療の効果をマラリア、HIV、単純ヘルペスウイルスなどの他のウイルス性疾患と比較しました。研究者は次のことを発見した:

•センターのケアチームによって治療されたグループでは、症状の強度が大幅に減少しています。

•治療を受けていない患者の症状の強度は、センターのケアチームが治療したグループと同じで、範囲の下限でした(他のウイルス性疾患の場合、各患者の強度は高かった)。

•感染の期間はこのグループとセンターのケアチームで治療されたグループで類似しており、病気の持続時間はセンターのケアチームで治療されたグループで短かった。

今日の考察/札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」 - 毎日新聞16:50 UTC. 東京消防庁は、被災地に避難していた人たちの説明を確認しました。 彼らは安全な場所にいて、雨から避難している。 1...

•発熱の頻度は、ケアチームで治療を受けたグループの方が高かった(治療を受けていないグループの1日あたり1.3回と比較して、1日あたり7.4回)。

•ケアチームによって治療されたグループの病気の期間はより長かった(未治療グループで7日間、ケアチームで治療されたグループで12日間)。

•症状の強さは、ケアチームで治療されたグループとセンターのケアチームで治療されたグループで類似していた。

•センターのケアチームが治療するグループの症状の重症度は、ケアチームが治療するグループおよびケアチームが治療するグループよりも低かった

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

SARS研究の第一人者、新型肺炎に感染 現地調査で – ライブドアニュース
news.livedoor.com


Photo by wfvanvalkenburg

今日の考察/2021年の千葉県知事選挙 自民が鈴木大地氏の擁立を見送りへ - ライブドアニュース都知事選の一次投票を告示(その3) - Japan Times 共同 都知事選は権力闘争に発展する可能性が高い - Japan Tim...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です