考察

今日の考察/中国・武漢で日本人が重い肺炎 春節目前、都市「封鎖」:時事ドットコム

すべては2009年4月下旬に始まり、いくつかのツイートと東京のウェブサイトDaily Newspaperに掲載された記事から始まりました。物語は、重度の肺炎に苦しんでいた後に中国で入院した男性に関するものでした。入院していた29歳の男性は、中国武漢で日本の雑誌の翻訳者として働いていました。彼は数ヶ月間働くことができませんでした。しかし、4月1日、彼は病院から釈放され、日本に戻りました。

この物語には、「中国での日本初の「封鎖」」(新理城街、文字通り「日本での中国初の「封鎖」」)というキャッチーなタイトルがありました。それは明らかに風刺でしたが、いくつかの真実を含んでいるようにも見えました。たとえば、数週間前、日本は、中国が最大の存在地である国の北部の地域である東ノリアでの軍事作戦を新jiangに拡張するという日本政府の決定に対する抗議の波に直面していました。抗議運動は宗教的少数派が主導し、野田佳彦首相の政府は武漢での年次行事を禁止することで対応した。

中国の封鎖は、「中国が東ノリアの抗議行動によって引き起こされた状況に対処するのを助けるため」であると発表された(新理城街送輝置、文字通り「抗議行動によって引き起こされた東ノリアの状況」)。物語は、封鎖がどのように開始され、どのように調整されたかを説明しました。しかし、物語の作者である坂本裕二という男は、封鎖がどのように調整されたかを説明しませんでした。そのため、一部の人々は、この記事を出版した日本の新聞社で働いている中国人がいるかどうかを尋ねました。坂本は、彼はすべてに責任を負わないと答えた。

それから4月6日、朝日新聞は中国の封鎖についての記事を掲載し、坂本は記事から削除されました。 1日後、日本の朝日新聞もこの記事を取り上げ、坂本については言及されなくなりました。朝日新聞の物語はパロディの物語のように見え、特に坂本がもはやそこにいなかったことを考えると、ユーモラスであると思われました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中国・武漢で日本人が重い肺炎 春節目前、都市「封鎖」:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by Dai Lygad

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です