考察

今日の考察/新型肺炎に日本人が初感染か “緊急封鎖”の中国・武漢市で何が?春節を前にできる備えとは – FNN.jpプライムオンライン

M.C.による投稿

中国武漢市では今週、肺炎型の最新症例が到着しました。患者が誰であるかはまだわかりませんが、患者は数週間入院しているので大きな質問です。

しかし、結局のところ、患者は最近大地震に見舞われた特定の都市から来ています。市内で確認できることが1つあるとすれば、その地震について多くの電話がかかってくるということです。これは気象庁とUSGSによって確認されています。

そして、それはこの場合に私たちが持っている大きな質問の1つにすぎません。このタイプの肺炎についてだけでなく、増加傾向にある地震によって引き起こされた他の感染症についても、多くの質問が寄せられています。これは、中国武漢市における新型肺炎の最初の感染症です。また、西側諸国におけるこのタイプの肺炎の最初の症例でもあります。

これは何を教えてくれますか?まあ、数ヶ月前に発生した地震によって引き起こされる肺炎のタイプに感染する可能性は非常にまれなイベントですが、この場合、地震のタイミングは非常に重要ですそれは人々が典型的に病気になる年の時期です。そして、地震はマグニチュード8.6でした。

問題の地震は武漢市と温州市の地域で発生し、次の震源地がありました。

これは、西側諸国の地震に関連した新型肺炎の最初の症例です。お気づきかもしれませんが、私たちは春祭りの真っin中にいます。春祭りは通常、高熱と感染症の増加の時期です。ですから、地震に関連した新しいタイプの肺炎を耳にするとき、それは実際に非常に重要になるでしょう。

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

しかし、ここに問題があります。患者は3月17日に温州の病院に入院していました。3月25日に、彼女は武漢市立病院の集中治療室に移送されました。 3月30日、彼女はさらなる治療のために武漢の病院に移送されました。 3月31日の患者の状態と彼女の状態に関する最新情報は次のとおりです。

武漢市立病院は公立病院であり、患者のケアと治療を担当しています。次の手順があります

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎に日本人が初感染か “緊急封鎖”の中国・武漢市で何が?春節を前にできる備えとは – FNN.jpプライムオンライン
www.fnn.jp


Photo by virtualwayfarer

今日の考察/米大統領選、トランプ氏大逆転か 世論調査「バイデン氏優勢」の“落とし穴” 反トランプの米CNNと保守系のFOXニュース、調査結果は正反対 (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイトフォックスニュース 世論調査:トランプ氏:45 CNNは トランプ:45 トランプ氏、討論会中にCNNが正しかったと発言 (Page...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です