考察

今日の考察/「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る – 毎日新聞

自民党の元首相である杉田水は、「自民党の嘘:自由主義、自由主義の腐敗、自由主義の力」という本の著者です。

私は東京の新宿地区で本を売っている女性に会いに行って、彼女に本屋から借りた本を借りてもいいかと尋ねた。

彼女は私を見て、微笑んで言った、「私はそれについて何も知らないが、あなたはそれを買うべきだと思う」。

もし自民党の本を買うなら、コピーが必要だろう。

本のタイトル「日本の自由党」を見ました

「これは元杉田幹事長の本です。水田です」と私は言った。

「それは自由主義に関する本です。」

「はい」彼女が私の質問にもっと正直に答えてくれることを望んで言った。

「あなたが首相だったとき、自由党に賛成でしたか?」

「いいえ、私は好きではありませんでした。好きではありませんでした。しかし、私はそれについても何も知りませんでした。」

「では、何が好きでしたか?」

今日の考察/東京都が「GoToトラベル」一時除外の手続き確認…小池知事「国からの回答見て考える」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン葛西市が明治70年を記念して毎年恒例のイベントを開催 政府 . ニュース : 読売新聞オンライン 受け継がれる価値観 . 安倍晋三首相...

「自由党は悪くなかったので好きだった。腐敗していなかった。」

「それでは理解できません。」

「じゃあ、自由党はどうだった?」

「それは貧しい人々に良い仕事を提供することを約束した党でしたが、彼らは決してしませんでした。それは人々にその政策への利害関係を与え、止めるには大きすぎる企業の力を減らすことを約束しました。そのいずれか。”

「あなたの本の表紙に何を置く?」

「わかりません」と彼女は言った。

「あなたの本のタイトルは何ですか?」

「いくつかの提案をさせてください。

「自由党は、理想の社会、公正な社会を約束し、社会が世界で最高になることを約束する党です。」

「あなたは私に何の提案もしていませんよね?」

「いいえ、でもそれを読んだ多くの人を知っています。彼らはそれがそうであると言ったものではないと言いますが、それが真実に書かれているかどうかを知る方法はありません。しかし、それはジャーナリストのように書かれていると思います。」

「あなたはそれが言うことを私に言っていないのですか?」

「私はそれを言った最初の人ではありません

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by ell brown

今日の考察/国内のコロナ重症者440人、6日連続で最多更新 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン重度のコロナ患者数は日本で6日連続で4449人に急増している。 日本の雑誌「読売新聞」によると、日本では先月12月21日から重度のコロ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です