考察

今日の考察/国内2例目の武漢男性、来日前から発熱…肺炎とは診断されず経過観察 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

「多くの文化では、発熱は病気の兆候、病気の警告として使用されます。日本人の場合、発熱は感染の拡大の兆候として使用されます。患者はしばしば病院に運ばれ、さまざまな感染症と診断されました。」

著者によると、アメリカとヨーロッパの日本人は医師との関係がはるかに良好です。しかし、日本や他のアジア諸国では、医師は「多くの基本的な医学的概念を理解していない。彼らは病気を個々に治療することができ、人の症状をケースバイケースで評価する必要があることを理解していない」

最近の研究では、日本の医師は医学教育にあまり感銘を受けていないこともわかった。 「日本の医師は、基本的な医学的事実が医学部で教えられているとは信じていない」と同志は説明する。 「彼らは世界の医療システムに対する理解が非常に乏しいため、医師からあまり良い治療を受けられません。彼らは治療に注意を払う必要がないと考えているため、治療はあまり効果的ではありません。 」

「日本の医師は、注意する必要があると信じていない場合、患者を適切に治療しません」とDoshi博士は述べた。

著者はまた、日本の医師が治療している人々に対する信頼の欠如についても議論しています。 「日本の医師は人々に対して悪い態度を示し、人々に対する彼の態度は非常に慢です。」

著者は、日本の医師が外国人患者を治療する際にいくつかの重要な間違いを犯すことを示唆しています。 「たとえば、ほとんどの日本の医師は正しい薬を使用していません」と同志は言いました。 「彼らは製薬会社の地元の処方箋のみを使用します。彼らは間違った薬を使用します。標準薬を使用する代わりに、製薬会社が推奨する地元の薬を使用します。」

著者はまた、日本の医師は治療している患者の問題に過度に焦点を合わせていると言っています。 「日本の医師は、薬で患者のすべての問題を解決できると考えています。薬ですべての問題を解決できると考えています。これが、日本の医師が患者の問題を考慮しない理由です。」

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

著者はまた、外国人患者を治療する際に日本の医師は非常に不注意であることを指摘しています。 「彼らは薬であらゆる問題を治療できると思う」と同志は言った。 「彼らは患者を適切な方法で治療しなければならないとは考えていません。」

「日本では中国人と韓国人の患者の治療を改善する方法は絶対にありません。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

国内2例目の武漢男性、来日前から発熱…肺炎とは診断されず経過観察 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by ohefin

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です