考察

今日の考察/26日(日)は東京で冷たい雨 雪になっても積雪の可能性はなし – ウェザーニュース

吹雪が過ぎる頃には、気温はマイナス7度まで下がりました。バスの運転手でさえも行きたくありませんでした。

冷たい雨が3日間続き、すべてのバスが停止しました。日本軍でさえ、道を行くことは許されませんでした。

嵐が続くと、乗客は自分の場所に戻るように勧められました。

バスが停車したときにすでに気を失っていた多くの人々は、すべての乗客が降りてバスが他の方向から来るのを見て落ち着いたと報告されました。

冷たい雨は「雨の日の雨」と呼ばれます。

雪を溶かすのは水だけです

東京の多くの人々は、吹雪が過ぎた瞬間にパニックに陥りました。一部の人々は、嵐の前に食べ物や飲み物を買いだめするためにスーパーマーケットに行かなければなりませんでした。

寒い気候はさらに数日間続きますが、雪が溶けるのは時間の問題です。

朝の気温はマイナス4度で、午後はマイナス11度まで下がりました。

しかし、日本の吹雪は新しい現象ではありません。

今日の考察/7万円超接待は「心の緩み」 山田広報官 国会で追及政府は、2020年までに日本のテレビの定期視聴者である国民の数を1億人に引き上げる目標を掲げ、テレビ視聴の目標を1億人に設定した。 2...

日本人はこの吹雪を2回経験しています。

最初は1980年10月2日の寒波でした。この嵐は1日半続きました。

気温はマイナス3度でしたが、午後にはマイナス8度まで下がりました。

2度目は2004年2月7日の寒波でした。この嵐は1日半続きましたが、マイナス14℃で終わるまでに2.5時間続きました。

嵐が数日間続き、日中曇りになることは不可能です。

雪は自然に溶けるので、外に出て外に出るのに最適な時期です。

運動に出かけたり、野外活動をする場合は、他の人にぶつからないように気を付けてください。

今回の吹雪は、数日間続く場合、日本で最も長い吹雪となります。

最初の吹雪は1958年11月に発生し、5日間続きました。

次のものは1961年10月に始まり、9日間続きました。

1930年代後半、日本は吹雪に悩まされていましたが、それほど長く続きませんでした

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

26日(日)は東京で冷たい雨 雪になっても積雪の可能性はなし – ウェザーニュース
weathernews.jp


Photo by IITA Image Library

今日の考察/7万円超接待は「心の緩み」 山田広報官 国会で追及政府は、2020年までに日本のテレビの定期視聴者である国民の数を1億人に引き上げる目標を掲げ、テレビ視聴の目標を1億人に設定した。 2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です