考察

今日の考察/「結婚しなくていい」ヤジ、周辺の議員「杉田さんの発言と認識」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

知りませんが、日本人男性が「結婚」の傾向を楽しんでいるように見えることに気づかずにはいられません。

結局のところ、日本では男性がこれまでに結婚し、子供を持つことは非常に普通であり、望ましいことです。メディアは、日本人男性の「結婚」の喜びと欠点、そして彼らが実際に他の誰かと結婚していることを発見するのは驚きであるという事実を明らかにする物語の絶え間ないドラムビートに乗っています。

例えば:

「4回結婚した妻は、未亡人になる可能性が高い」と、興業新聞(The News)は述べた。

「4回結婚する男性は、75%の確率で離婚します。」

「4回結婚した夫は、時間内に凍った魚のようです。彼は変わることができません。」

そうです、4回結婚した人は離婚する可能性が25%あります。

日本の男性と女性はケーキを食べて食べています。

私の最後の投稿で、私は日本の「結婚」の傾向について書きました。多くの日本人女性は実際にはアメリカで結婚することのない男性と結婚していますが、その代わりに生まれた国の男性と結婚しています。

今日の考察/山形知事に吉村氏4選 初の女性一騎打ち、新人破る:時事ドットコム東京タイムズ、2002年8月28日、B5ページ(一面 東京都議会は、東京9区の代表者を減らすために、区議会の定数を20から13に削減す...

日本では、希望する人と結婚することができ、まだ処女である女性と結婚することもできます。その場合、次の数年で離婚することが保証されます。

過去には、日本は「一夫一婦制」結婚の国と見なされていました。しかし今日、彼らは「一夫多妻」結婚の国家になりつつあります。

現在、日本は「一夫多妻」結婚の国であるため、基本的に「一夫一妻」結婚の国になりつつあります。

その結果、日本人は「結婚」の傾向に非常に不満を抱いています。

問題は、これが日本人だけでなく、日本政府にとっても問題だということです。日本の社会システムの離婚率が高いことにうんざりしている人々のグループが増えています。

彼らはこれに怒っており、自分の国を取り戻すことを求めています。過去には、日本を一夫一婦制の結婚システムに戻す動きがありました。

しかし、「結婚」の傾向が手に負えなくなった今、日本人の間に不満が高まっており、彼らは自国の結婚システムにますます不満を抱いています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「結婚しなくていい」ヤジ、周辺の議員「杉田さんの発言と認識」(毎日新聞) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by ell brown

今日の考察/米国務省、中国の台湾威嚇に「懸念」 バイデン政権、台湾との連携強化路線の継承鮮明に - 産経ニュース太平洋における「新たな戦略的現実」 - Asia Times 国防総省、アジアにおける米国の存在感を高めようとしている - Asia ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です