考察

今日の考察/築48年の廃墟マンション解体、全国初の行政代執行…費用1億円|ニフティニュース

1993年、日本銀行が不良債権を排除し、住宅購入を手頃な価格にする方針を導入したとき、多くの人々に衝撃を与えました。最大の問題の1つは、ほとんどの人々、特に東京では、利子付きの高利子負債に多くの給料を支払っていたという事実でした。

これは日本で最初に実施された政策であり、この問題を解消するために、政府は「手ごろな価格の住宅所有権政策」(アフレイドリプナルマザーション)を制定しました。自分の家を買う余裕がなければ、政府が運営する低利の住宅ローンから家を買うことができると決められました。

しかし、最初の政策が1992年にのみ実施されたという事実は、多くの人々が政策に反対するのに十分でした。多くの人々は、お金を節約する唯一の方法は家を買うことであると言いましたが、これは人々がencourage屈なアパートに住むことを奨励するだけです。これは貧困の問題に対する実行可能な解決策ではありませんでした。

そのため、次のステップは「政府が提供する住宅ローンの主な政策である「手頃な住宅ローンプログラム」(アフレイドリプナルヒカルション)を確立することでした。これは、低金利の人々に低利を支払わせるための低所得者に対する融資制度です。このポリシーは、主に賃貸物件に適用されました。

このシステムは1992年に設定され、それ以来、ずっと有効になっています。しかし問題は、このポリシーが唯一の利用可能なものではないことです。政府はまた、収入がS $ 1,000程度で、寮の部屋ほどの小さな人々に融資を提供しています。

2017年9月14日、政府は、非常に低所得の人々が住宅を購入するのを支援するために、新しい「手ごろな住宅所有プログラム」(アフレイドリプナルマザーション)を導入しました。このプログラムは、低所得者が家を購入しやすくするように設計されており、東京、大阪、その他の都市でも実施されています。

政府は、低所得世帯の人々が低金利で家を購入できるようにしたいと考えています。これにより、過去の低金利の影響を受けた多くの人々に安心がもたらされます。

今日の考察/都内では人出増加 首都圏除き6府県解除へ|日テレNEWS24東京都を除く6都県で、東京都内の人口が解禁されると、政府関係者が金曜日に発表しました。 人口算定制度の変更は、2019年3月の年度末ま...

新しいポリシーは3つのカテゴリに対応しています。

賃貸不動産または小さな家のための低金利ローン

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

築48年の廃墟マンション解体、全国初の行政代執行…費用1億円|ニフティニュース
news.nifty.com


Photo by Matt From London

今日の考察/辞任した山田真貴子広報官 菅首相会見で本誌記者に「週刊朝日はちょっと……」と難色示した過去〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース日本の最高裁は金曜日、この問題について激しい議論を巻き起こした判決で、東京都が日本製の自動車とトラックの韓国への販売をすべて禁止すること...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です