考察

今日の考察/駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人 – 毎日新聞

中村福井はアフガニスタン日本人外科医であり、東京大学の教授です。彼は、「2つの川の土地にある2つの都市の物語:カンダハール市が中東の世界の首都になり、日本の世界がメインキャンパスになった方法」という本の著者です。 、彼はカブールで行われた日本のナショナルデーのお祝いで名誉あるゲストの一人でした。彼は国際親善の日でも表彰されました。中村毎日新聞の編集長がアフガニスタンの石井正史博士であったのは偶然ではなかった。この本の著者(および元外交編集者)である石井博士は、米国で生まれ、米国で教育を受けました。彼は日本に戻り、国会議員になりました。 26歳で、石井は日本の外務省の秘書に任命されました。石井は、日本政府、参議院、および日本国議会を務めたほか、多くの日本企業の役員も務めました。彼は、三菱自動車を含む多くの日本企業の取締役会メンバー、およびいくつかの日本の研究機関の取締役会メンバーを務めてきました。石井は、元米国大使の石井正史博士の息子です。石井の娘、ato子は東京外国語大学で初の女性ディレクターに任命されました。

中村福井はまた、彼の発言の最後に次のような声明を発表しました: 「医師として、そしてアジアの医師として、私は今年の初めに日本の代表団がアフガニスタンを訪問したときに表明されたコミュニティと友情の感覚に深く感動しました。 「新しい首相の新しいリーダーシップの下で行われる外務省の仕事と、日本とカブールの将来の関係を非常に楽しみにしています。 “ “アフガニスタン日本大使、中村at博士は、日本の長崎で生まれました。彼は東京大学で学士号と医学の学位を取得し、米国と日本での居住を完了しました。彼は東京大学で医学の学位を取得し、ミシガン大学で学士号を取得しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by aasenhistorie.no

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です