考察

今日の考察/「春節休暇」で空港や観光名所“感染”警戒

関連するメモで、私はウイルスがすでにイギリスの植民地であったイタリアのランペドゥーサ島で発見されたというニュースを聞きました。記事が述べているように、ウイルスは旅行者が病気になった後に発見されました。旅行者は、ニューヨークからロンドンに旅行した40代後半または50代前半の男性でした。

ただし、英国とイタリアはランペドゥーサ島へのすべてのフライトを禁止しています。病気になった旅行者は、家族旅行の一環としてランペドゥーサ島にいると言われていました。しかし、彼はニューヨークへのフライトをキャッチしようとして感染していました。彼は12月10日頃にランペドゥーサ島を去り、クリスマスイブのために母親に会いにニューヨークに行きました。彼は病気になり、病院に行き、そこでウイルスの検査を受けました。 12月21日まで誰もウイルスを検出できませんでした。

ランペドゥーサ島へのすべてのフライトの乗客全員が発熱症状を報告した2013年の最後の2か月の間に、ランペドゥーサ島にウイルスが導入されたかどうかは不明です。または、ウイルスがまだ島に存在している場合、症状は別のフライトの旅行者によって引き起こされました。

航空会社に関する限り、航空会社はウイルスが乗っていることを確認または否定していません。

ですから、海外に旅行するときは、ウイルスに感染しないように注意し、注意を払う必要があります。

関連する注意事項として、無菌ではない唾液で汚染されたオブジェクトを飲み込まないことで、感染を避けることもできます。

余談ですが、キプロス島でウイルスが発見されたという噂がインターネット上で広まっています。キプロスニュースが発行した報告書によると、ある男がウイルスに感染したとして病院に入院しました。

今日の考察/東京都議選、7月4日投開票 小池氏勢力の過半数焦点:時事ドットコム月7日の東京市長選:小池氏が初の東京訪問 時事ドットコムItemTracker 東京都の都議選。選挙の重要な関心事 時事ドットコムIt...

ロンドン(ロイター)-英国政府は、1世代で最悪の景気後退に取り組むため、予備金を9億ポンド(12億ドル)削減することを確認した。

英国のジョージ・オズボーン首相は、2012年9月8日にロンドンのCommon民院で首相の質問に出席します。ロイター/トビー・メルビル

予算削減は、デビッド・キャメロン首相が英国の欧州連合加盟に関する正式な国民投票への投票を避けようとしていることであり、来年には早くも来るかもしれない。

ロイターのアナリストによる調査では、キャメロンが投票を行うためには、現在の予算でさらに100億ポンドの節約を見つけなければならないことが示されました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「春節休暇」で空港や観光名所“感染”警戒
news.tv-asahi.co.jp


Photo by Elvert Barnes

今日の考察/菅首相、GoToトラベル「しかるべき時期に再開」1兆円を予算計上:東京新聞 TOKYO Web首相はまた、近いうちにGoToトラベルサイトのオープンを発表する準備があると述べた。 計画は、観光客がデジタルチケットで部屋を予約し、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です