考察

今日の考察/新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至 – 毎日新聞

私は他に何もする必要はありません。軽い散歩をするだけです。寒い日だったので、頑張りました。どうしてこんなに寒かったのか分かりません。どうしてこんなに寒かったのかわかりません。がんばります。最善を尽くすだけです。最善を尽くすだけです。寒い日だったので、頑張りました。どうしてこんなに寒かったのか分かりません。どうしてこんなに寒かったのかわかりません。寒い日だったので、頑張りました。どうしてこんなに寒かったのか分かりません。どうしてこんなに寒かったのかわかりません。寒い日だったので、頑張りました。どうしてこんなに寒かったのか分かりません。どうしてこんなに寒かったのかわかりません。寒い日だったので、頑張りました。どうしてこんなに寒かったのか分かりません。どうしてこんなに寒かったのかわかりません。寒い日だったので、頑張りました。どうしてこんなに寒かったのか分かりません。どうしてこんなに寒かったのかわかりません。

新しい研究では、アメリカ人の大多数がイスラム教に対して否定的な見方をしていることがわかりました。調査結果は、公立宗教研究所(PRRI)が実施し、先週木曜日に公開された世論調査からのものでした。

研究者たちは2016年初頭に1,037人のアメリカ人を調査し、アメリカ最大の宗教に名前を付け、16億人のイスラム教徒の宗教的信念と実践を評価するよう求めました。無神論者であると特定した回答者のほぼ70%が、イスラム教はそれほど重要ではない、またはまったく重要ではないと答えました。クリスチャンと特定された人々の間では、その数はほぼ同じでした。

イスラム教徒であると特定した人の約57パーセントは、宗教は国に対する脅威であると述べた。非宗教的であると特定した回答者の大半は、イスラム教徒が脅威であると述べました。しかし、宗教的であると特定した人の4分の1未満が同じことを言った。

「宗教的に無縁の人はたくさんいます」とPRRIのスティーブ・コチェラはデイリー・ビーストに語った。 「彼らはイスラームを脅威と見ていましたが、彼らはそれを大きな脅威とは考えていません。」

その他の調査結果は次のとおりです。

—調査対象者の30%のみが、イスラム教徒が彼らの宗教的価値を守ることが重要であると言った。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

—宗教的慣行に関しては、調査の結果、「1日に5回定期的に祈る」人は21パーセントに過ぎないことが明らかになりました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Elvert Barnes

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です