考察

今日の考察/新型コロナウイルス感染症の「感染力」はどれくらい強いのか?(忽那賢志) – 個人 – Yahoo!ニュース

HCV-Aに感染したヒト粘膜ウイルスの感染力

H.Pérez-Sotoet al。 (2004)

この研究は、オープンアクセスジャーナルのInfection、Infection、and Immunityに掲載されている論文に掲載されています。

「我々の知る限り、これはこの種の最初の研究であり、ヒト中咽頭(OH)ウイルス血症(OHV)ウイルスの潜在的なウイルス適合性を調査します。この研究では、HCV-Aのウイルス進化を調べ、ウイルスは、抗生物質やウイルス療法に対する耐性を付与する変異を進化させ、これらの変異により、ウイルスゲノムは方向選択を受けることができます。しかし、これらの変異によって付与された耐性が選択的利点であるという証拠は見つかりませんでした。」

「これらの発見は、宿主レベルの免疫とウイルス抵抗性の間のウイルス適合性のトレードオフの存在を示唆しています。これは、ウイルス適合性と宿主レベル免疫間の「ウイルスのトレードオフ」として解釈できると仮定します。」

この論文は、オープンアクセスジャーナルのInfection、Infection、and Immunityに掲載されています。

「ヒト中咽頭(OHV)ウイルスが、ヒト中咽頭ウイルスウイルスのモデルシステムと見なされる種である非ヒト霊長類に疾患を引き起こすのに十分な毒性を持っていることを実証した最初の企業です。代わりに、口腔咽頭ウイルスの複製で最も一般的に使用される実験モデルです。

今日の考察/緊急事態宣言、23日に正式決定 期間は4月25日から5月11日(毎日新聞) - Yahoo!ニュース今世紀最悪の干ばつにより、日本の半分以上が深刻な飲料水不足に陥っていることを受け、政府は金曜日遅くに、「通常の要因では説明できない出来事...

それは人間の鼻咽頭感染症の一般的な原因であるため、モデルウイルスとして人間の中咽頭ウイルス血症(OHV)ウイルスを使用しました。実験用ウイルスとして、HSV-1とHSV-2の2つのヒト株を使用しましたが、それぞれが特定の毒性のために選択されました。 HSV-1ウイルスは複製能力が高いために選択され、2つの株の中で最も毒性が強く、複製性がありますが、HSV-2ウイルスは複製能力がはるかに低いです。単一の患者からの口腔咽頭生検と3日間連続して宿主として非ヒト霊長類を使用し、複製の対照として非ヒト霊長類からの生検を使用しました。

中咽頭生検は新鮮で新鮮な生検であり、中咽頭の前房から収集され、直ちに凍結された

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナウイルス感染症の「感染力」はどれくらい強いのか?(忽那賢志) – 個人 – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by Kecko

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です