考察

今日の考察/新型肺炎国内4例目、愛知で確認…武漢から旅行の40代男性 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

2015年12月2日、午後1時30分

武漢出身の40代の男性は、日本で高度に伝染性の肺炎球菌感染性肺炎球菌性腸炎の4番目の症例として確認されています。これは9月の流行以来初めてのこの病気の新しい症例であり、より多くの症例が診断されるにつれて悪化する可能性が高い。

この病気は、この人の血流と感染した人の口との間の直接の接触によって広がります。

ウイルスは肺炎を引き起こす可能性があり、生命を脅かす合併症を引き起こす可能性のある急性または慢性感染症であり、新生児や高齢者の合併症も見られることがあります。肺炎球菌疾患は、日本の深刻な健康問題です。

保健当局は、患者が入院した病院でアウトブレイクが始まったかどうかを調査しています。

愛知県立医学研究所は少なくとも一人の患者を治療しており、研究所の職員は他の患者の検査を行っています。 40代の患者は、妻と2人の子供と一緒に何度も日本を訪れました。

保健当局は、同じ病院から報告された症例数が多いこと、高齢者の感染率が高いこと、最近の日本でのインフルエンザの発生、病院での伝播のリスクなど、発生のリスク要因をいくつか特定しました。

確認された場合、これは2003年のインフルエンザの発生以来、日本で最大の病気の発生です。2004年には、日本の医療システムに肺炎球菌感染症の患者が12人いました。

今日の考察/「GoTo」見直し提言 感染地域対象、営業を短縮―リスクに警鐘・コロナ分科会:時事ドットコムリスク:感染地域での再感染 https://www.jiji.com/.cg/article.jsp?item_id=87618 (著...

患者は6月に愛知県の病院に入院し、早期に退院しました。患者の状態は不明ですが、彼は研究所で治療中です。

保健当局は、発生を監視し続け、すべての人に健康を維持するよう促しています。

アウトブレイクは、肺炎球菌性腸炎と一致する症状で病気になった後、東京の30代の女性が入院した9月に最初に報告されました。

保健当局は日本で肺炎球菌性腸炎の他の症例を発見していませんが、武漢出身の40代の男性が病気と一致する症状で入院したことが最近報告されました。

米国大統領選挙の余波で、多くのアメリカ人はコミュニティで抗議することで結果に抗議する方法を探してきました。しかし、通りには動きがありますが、舞台裏でもっと大きな動きが起きていることはわかっています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎国内4例目、愛知で確認…武漢から旅行の40代男性 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by karlheinz klingbeil

今日の考察/【小池百合子】小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出|日刊ゲンダイDIGITAL都知事の "五つの小手先 "策、"逃亡 "コロナの撤去も含めてドヤ顔で批判されています。 都内の公園に建っていた仏像を象徴的に撤去し、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です