考察

今日の考察/武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府 – 毎日新聞

「日本で起こった最も有名なことの1つは、アメリカを出て日本に入ろうと決心したときでした。私は2か月間日本にいました。ワシントンDCのワシントン大学を卒業したばかりです。日本で1年間の任務を行ったので、私は1年間アメリカに行き、それからもう1年日本に戻りました。」

「休みをとると、1週間後に米国に戻ったり、米国に戻ったりすることさえできないかもしれません。2週間休む必要がありました。

彼がポリオウイルスについて最初に学んだのは、その国での2週間のことでした。

「ジョージア州アトランタにある国立ワクチン研究所で働いていたときに、テストを受けなければなりませんでした。ポリオウイルスに感染しました。ミシガン大学に受け入れられ、博士号を取得したばかりで、日本に旅行しました。実際に日本に行ったのは初めてでした。どのように反応するかはわかりませんでしたが、最初の1週間は症状がありませんでした。」

「最初の1週間は症状がほとんどありませんでしたが、その後、頭痛がひどくなりました。長時間座っていられないほどひどく、疲れて眠れませんでした。」

「私は博士号を取得するために米国に戻ることを決めたので、勉強する時間があるでしょう。それについて本当にストレスがたまりました。私は少しだけ日本に戻りたかったのです。博士号を取得し、日本語を勉強して学び、日本語を読んでください。」

今日の考察/東京都が「GoToトラベル」一時除外の手続き確認…小池知事「国からの回答見て考える」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン葛西市が明治70年を記念して毎年恒例のイベントを開催 政府 . ニュース : 読売新聞オンライン 受け継がれる価値観 . 安倍晋三首相...

「私は国立ワクチン研究所で仕事をすることができたとき、とても幸運でした。補助実験技師としての仕事を与えられました。大きな部屋で働いていて、とても病気になりました。上司が来て、 「石井さん、あなたは医者に診てもらう必要があります。ポリオの非常に悪い例があります。」と言いました。私はテストを受けてポリオを患っていましたが、今は仕事に就かず、お金もなかったので、非常にストレスを感じていたので、医者に行きませんでした。強調したので、私は米国に戻ることを決め、博士号を取得するために国立ワクチン研究所に戻りました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by BoaNoite

今日の考察/それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板 - 毎日新聞http://www.mainichi.co.jp/english/feature/20120209/en/index.html 埼玉...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です