考察

今日の考察/ロシアスパイがソフトバンク社員から機密を盗んだ理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

下の画像で確認できます。最初の「ドロイド」は電話の画面です。これらはアジアの多くの場所で見つけることができます。

もう1つは、電話にプリロードされているAndroidソフトウェアです。実際、AndroidはAndroid携帯電話の開発者がAndroidで利用できるようにしたソフトウェアの一部であり、携帯電話をより便利にすることができます。

これらの画像は、ロシアのスパイがソフトバンクの従業員をスパイするために使用したのと同じプログラムの結果です。ここでは、スパイプログラムが「T-Mobile」(AT&Tに買収された)と呼ばれる会社によって開発されたように見えることがわかります。

前の投稿の画像は、中国のCIAで使用されている同様のスパイプログラムのものです。これらの画像は同じサイトにアップロードされています。それらは非常に似ています。下の画像では、スパイプログラムが左側にあり、ロシア人が使用しているプログラムが右側にあることがわかります。

次の画像でも同じ画像を見ることができます。繰り返しますが、スパイプログラムは左側にあります。

前の投稿の画像は2014年に撮影されました。それ以降、CIAはスパイプログラムをアップグレードしました。この写真は2013年に撮影されたもので、スパイプログラムはアップグレードされています。

これらの画像は、次の画像で見ることができます。

これらも同じ画像です。ここでは、左側にスパイプログラムが、右側にロシア人が使用したプログラムが表示されます。

今日の考察/日米共同文書、「台湾の安定」と「中国の人権懸念」一致へ : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン: 政治 : ニュース : ニューヨーク・タイムズ : 2017年6月12日 : New York Times : 2017年6月12...

これらのすべての写真では、スパイプログラムが左側にあり、ロシア人が使用したスパイプログラムが右側にあります。

画像は2014年に中国で撮影されました。それ以降、これらの画像は更新されました。

前の投稿の写真は2013年に撮影されました。それ以降、これらの画像は更新されています。

これらの情報はすべてオンラインで入手できます。 FBIは、これらのスパイが24時間体制で働いており、米国の国家安全保障にとって最大の脅威であると主張しています。彼らがどのように情報を取得したかについて詳しく説明する必要はありません。

ロシアのスパイは、すでに議論した「T-Mobile」という会社と協力していた。この会社の興味深い点は、CIAとのつながりがあることです。会社はミハイル・フリッドマンという名前の男によって設立されました。フリッドマンの父親は、CIAを作成した男でした

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ロシアスパイがソフトバンク社員から機密を盗んだ理由 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
dot.asahi.com


Photo by Palácio do Planalto

今日の考察/静岡県内で計42人感染 新型コロナウイルス|あなたの静岡新聞静岡県の山梨国際空港(山梨空港、山梨市)で発生した最新の集団事例は5月18日に確認され、確認された患者数は42人になりました。同病院には...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です