考察

今日の考察/28日にも武漢にチャーター便 在留日本人帰国、全日空が担当(産経新聞) – Yahoo!ニュース

2007年の秋、日本政府は、最大300 mph(483 km / h)の速度で飛行する国産初の「スーパーヘイラー」「あられ飛行機」を開発する計画を発表しました。飛行機は、乗組員を含む最大4人の乗客を運ぶことができます。スーパーハイラーを開発する政府の計画はこれまでのところ何も実現していませんが、このプロジェクトは日本の原子力空母よりも日本政府において高い優先度を与えられています。 2008年6月、日本の機体製造会社は、スーパーハイラーを設計および製造したことを発表しました。会社の名前は川崎重工業株式会社(KHI)です。

2010年7月、KHIはスーパーヘイラーの最初のテスト飛行を発表しました。このジェット機は、300 mph(483 km / h)で飛行するように設計されており、3つの翼のそれぞれに最大4人の乗客を乗せています。ジェットは生産に入る前に日本と海外でテストを実施することです。

Japan Timesの最近の記事によると、KHIの幹部は、スーパーハイラーを構築するために日本政府との契約を確保することを望んで、他の航空機メーカーと会談しました。

2011年5月、KHIは日本政府から政府向けの超高速ジェット機の製造を命じられました。日本政府が飛行する必要があるジェット機の数を削減することを決定した後、契約を発行する決定が下されました。記事によると、「政府は、コスト削減のために飛ぶ必要があるジェット機の数を減らすことを決めた。KHIは、現在、うなずきを獲得している企業の1つである。決定の時、彼は1日で毎時300マイルに達することができる飛行機を建てたいと言いました。」

ロイターによると、KHIは未確認の航空機メーカーと協力して超高速ジェットを開発しています。

2012年6月、KHIは超高速ジェットプロジェクトを完了し、さらに3基を建設する計画を発表しました。 2016年6月、KHIは最初の超高速ジェットが正常にテストされ、3番目のプロトタイプが作成されたことを発表しました。 KHIはまた、日本で超高速ジェットを製造することを発表し、2020年までにジェットを稼働させる予定であると述べました。

今日の考察/英国流行変異ウイルス 静岡の3人感染確認 市中感染か 厚労省 | 新型コロナウイルス | NHKニュースH7N9ウイルス感染者3名(全日本 2014年2月12日~21日に静岡県の市町村から新たにH7N9(おたふくかぜ)の患者3人が報告され...

超高速ジェットは300 mph(483 km / h)を超える速度で移動でき、最大2の高度で飛行できます。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

28日にも武漢にチャーター便 在留日本人帰国、全日空が担当(産経新聞) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by Asian Development Bank

今日の考察/英国流行変異ウイルス 静岡の3人感染確認 市中感染か 厚労省 | 新型コロナウイルス | NHKニュースH7N9ウイルス感染者3名(全日本 2014年2月12日~21日に静岡県の市町村から新たにH7N9(おたふくかぜ)の患者3人が報告され...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です