考察

今日の考察/武漢の海鮮市場、採取サンプルから新型コロナウイルス…野生動物が感染源か : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

2014年4月8日火曜日、C。S. Hsiehによる投稿

感染した中国の魚市場(江蘇省)から収集されたサンプルからの新しいコロナウイルスは、H5N1インフルエンザを引き起こすものと同じウイルスファミリーの新しい株として確認されています。

ウイルスは野生魚のサンプルから分離された、と疾病管理予防センター(CDC)の広報担当者は述べた。

魚からのウイルス株はH-2N2型でした。 「この株が2009年の中国でのH5N1インフルエンザの発生と関連しているという証拠はない」とCDCは声明で述べた。

このウイルスは、人から人への接触によって伝染する可能性がある、とCDCは付け加えた。

CDCによると、H5N1感染は非常に伝染しやすいです。

H5N1ウイルスは、香港での2008年の流行で最初に分離されたもので、H5N1インフルエンザを引き起こす同じウイルスファミリーの株に関連していると考えられています。

H5N1感染はまれです。米国では、2009年にニューヨークで、2011年にウィスコンシンで1件の既知のケースがあります。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

日本では、CDCによると、H5N1感染の既知の症例が2つか3つありました。

H5N1感染は非常に伝染性が高いため、多くの人が感染した魚と接触する可能性が高いとCDCは述べています。 「商業的には、これらの魚は、特に野生の魚を扱うときは、健康訓練を受け、手袋を着用する人によって取り扱われるべきです」とCDCは言いました。 「汚染された魚を食べる人は、石鹸と水で手を洗うべきです。」

CDCは、ウイルスが米国に拡散するかどうかは明確ではないと述べたが、当局は保健当局に直ちに準備するよう促した。

「H5N1ウイルスは、江蘇省の市場から回収された野生魚の血液から分離された」とCDCは述べた。 「魚はポチャード(Rana catesbeiana)として識別され、市場では使用されませんでした。」

CDCによると、感染した魚は、汚染された空気を吸い込んだり、汚染された水を肺に飲み込んだりして、深刻なまたは致命的な呼吸器疾患を引き起こす可能性があります。

CDCは、このウイルスの治療法は知られていないため、ウイルスに感染した人は医師による評価と治療を受けるべきだと述べた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

武漢の海鮮市場、採取サンプルから新型コロナウイルス…野生動物が感染源か : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by World Economic Forum

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です