考察

今日の考察/首相「指定感染症」28日指定 – Yahoo!ニュース

国連の元首であり、食糧の権利に関する元国連特別報告者であるジョセフ・メネン博士は、世界保健機関の率直な批評家でもあり、「民間部門のより強力な役割」を求めた。 2006年4月に、彼は食糧の権利に関する国連委員会に任命されました。

Mennen博士が、New York Times Co.およびその他の化学企業の大株主であるMonsantoから280万ドル以上の研究助成金を受け取ったことを読者に思い出させなかったら、私は失望するでしょう。彼はまた、米国政府と世界銀行から資金を受け取っています。彼はまた、国連人口基金から賞を受賞した本「The Right to Food」の著者でもあります。

「世界最大の秘密兵器ディーラー」というタイトルの2011年3月8日の記事で、ジャーナリストのデイビッド・スワンソンは次のように書いています。

彼はまた、米国農務省から170万米ドルを受け取っています。

2008年、メンネン博士は、国連の食糧への権利に関する特別報告者のメンバーに指名されました。

2009年、バン・ギムン国連事務総長は彼を「食糧への権利」に関する国連ワーキンググループに任命しました。

2010年9月、国連人権理事会は、食料に対する権利に関する独立した研究に同意し、「食料に対する権利は民主主義社会において基本的である」という調査結果を確認しました。

Mennen博士は、食糧に対する権利に関する国連特別報告者の責任者として引き続き担当しています。彼は食べ物を基本的な人権として促進する長い歴史を持っています。

今日の考察/ワクチン接種「国立病院から」 「6月まで全国民分」は軌道修正?2014年6月13日に "ワクチン免除は、予定されているすべての医療と宗教上の目的のために、国家レベルで禁止されることになると、保健相の...

彼の著書「The Right to Food」で、彼は次のように書いています。「食べ物に対する権利は最も基本的な権利であり、国家が保護し促進する権利です。」

Mennenは、GMOが世界的な飢erを解決する鍵であるという考えも推進しています。彼の本の中で、メンネンは「遺伝子組み換え食品は世界の飢er問題に対する答えである」と述べ、「遺伝子工学は世界の飢toの解決策になる」と付け加えた。

2012年3月23日のUSA Todayへのインタビューで、メネンは次のように述べています。

遺伝子組み換え食品は世界の飢problems問題の答えだと思います。

彼は続けた:

トウモロコシを含む遺伝子組み換え作物は、発展途上国、特にアフリカおよびアジアの貧困層の主要な食料源となります。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

首相「指定感染症」28日指定 – Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp


Photo by Dāvis Kļaviņš

今日の考察/関東甲信 雨雪のピーク過ぎる あすは春のような陽気に 雪崩等注意(日直予報士 2021年01月24日) - 日本気象協会 tenki.jp新しいキャラクター 高梨れんげキョウカ 北海道の田舎で一人暮らしをしている少女。おてんばで、鋭い自虐的なユーモアのセンスを持っている...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です