考察

今日の考察/イオン、武漢で営業続ける 駐在員はチャーター機で帰国(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

民間航空機で中国で販売することは新しい考えではありません。しかし、新しいのは、航空機ビジネスが新しいゴールドラッシュとして扱われている方法です。中国政府はすでに中国でビジネスをしている企業(朝日新聞デジタル)を厳しく取り締まっており、彼らはそれをさらに難しくしようとしている。政府は安全とセキュリティを心配していますが、企業は心配していません。その結果、中国でビジネスを行う企業の数は着実に増加しています。

中国への投資には主に2つの方法があり、どちらも最小限の投資で済みますが、どちらも非常に人気があります。

1.民間投資。中国は非常に豊かな国なので、これらの産業に投資したい人がたくさんいます。政府はまた、青信号を出すために多くの投資基金を設立しました。また、建設業界向けの「特別投資ファンド」も設立しています。

2.外国投資。 2001年に設立された外国投資促進庁(FIPA)は、すべての新しい中国企業が外国投資を行うことを承認する責任を与えられています。

両方の方法は、同じ根本的な動機を共有しています。海外に投資することはできませんが、中国に投資することはできます。投資の両方の方法は、中国が非常に大きな市場であるという事実を利用しています。中国に投資したいなら、中国に投資しなければなりません。

中国最大の民間投資基金の1つは、中国投資同盟基金(CIIF)です。彼らは海外でビジネスをしている中国企業に投資しています。

彼らの年間売上高は約120億ドルです。約32億ドルの運用資産があり、平均年間収益率は約7%です。

今日の考察/横浜 「必要な量の1%に満たず」 ワクチン接種計画を見直し|TBS NEWS(1) 2016年3月4日時点で、横浜警察署(YPD)は、エボラウイルスへの感染の疑いがあると厚生労働省に通報していた。 (2) YP...

他の投資ファンドもあります。ただし、CIIFは中国で最も成功しており、中国への民間投資全体の約半分を占めています。

CIIFは2001年に設立され、海外でビジネスを行う中国企業に資本を提供することを義務付けています。また、投資しようとしている外国人投資家に中国企業を推薦する仕事も与えられています。

CIIFは、中国企業を外国取引に参加させる上で良い仕事をしました。ただし、一部の中国企業はまだ海外に投資することができていません。これは問題だ。彼らには中国政府があり、政府は彼らが海外に投資するのを防ぐ力を持っています。

しかし、民間投資は中国政府の選択肢ではないことに留意することが重要です。彼らが投資できる唯一の方法は、特別な政府基金を設立することです

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

イオン、武漢で営業続ける 駐在員はチャーター機で帰国(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by HAMACHI!

今日の考察/辞任した山田真貴子広報官 菅首相会見で本誌記者に「週刊朝日はちょっと……」と難色示した過去〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース日本の最高裁は金曜日、この問題について激しい議論を巻き起こした判決で、東京都が日本製の自動車とトラックの韓国への販売をすべて禁止すること...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です