考察

今日の考察/武漢へのチャーター機派遣、28日午後以降に延期へ – 産経ニュース

J-10は、イリノイ州アーリントンハイツにある米国製の航空機研究開発センターによって設計および開発されたJ-6Bの修正版です。 J-10は、いくつかのタイプのレーダー、レーザー距離計、および「電子戦」兵器を含む多種多様なシステムを備えた運用可能なジェットトレーナーでした。この航空機は当初、ロシア軍向けでしたが、J-10プログラムの航空機を建設するために多くの外国の請負業者が接近しました。 1962年、ボーイング社と契約が締結され、最初のJ-10が1963年に米軍に引き渡されました。1964年6月、米海軍が最初のJ-10航空機を受け取り、3台のJ-10が追加されました。艦隊へ。 J-10は、「アメリカンJ-2」と呼ばれることもあります。

J-10には多くのバリエーションがありましたが、ほとんどは単一のエンジンでした。これらのバージョンは、J-12、J-13、J-14、またはJ-15と呼ばれていました。汎用の「J」バージョンとは、高高度飛行が可能であり、以前のJ-2バリアントよりもはるかに軽量で燃費が良いように設計されていたという点で異なっていました。 J-15バリアントは、ボーイング社がこれまでに製造した中で最も重い飛行機でした。

航空機の最初の飛行は1958年に行われましたが、1965年に空軍がJ-10の生産を開始するまで、航空機は正式に運用できませんでした。空軍は主に訓練目的で航空機を使用することを意図し、その目的のために10年間。 1974年、J-10を運用可能なジェットトレーナーとして使用できるようにするために、空軍の修正プログラムが開始されました。航空機は後にJ-10Aとして改造され、海軍は今後8年間訓練目的で使用しました。

完成した最初のJ-10バリアントの1つは1977年に最初に飛行したJ-17Aでした。これは、より強力なエンジンとレーダーを装備した2座席構成を備えたJ-17の修正です。および暗視装置。

空軍はまた、カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地での試験飛行のために航空機の修正版を使用しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

武漢へのチャーター機派遣、28日午後以降に延期へ – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by xiquinhosilva

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です