考察

今日の考察/新型肺炎、子供への感染例も 最年少は生後9カ月 中国紙報道 – 産経ニュース

中国では、この病気は「慢性気管支炎」または「慢性咳」として知られており、「慢性気管支炎」または「慢性咳」としても知られています。通常、アレルギーに関連する病気の「診断」として使用されている長い歴史があります。

China News-Sankei Newsによると、中国で初めて非アレルギー性疾患の診断となる。

この病気は、国内の咳の増加が原因である可能性が最も高いですが、その増加が新薬の使用によるものか、咳止め薬のより頻繁な使用によるものかは不明です。

チャイナデイリーは、湖北省中部の武漢市の女性が11月10日に慢性気管支炎と診断されたと報告しています。 。

女性は咳止め薬にアレルギーはありませんでしたが、咳止め薬は症状の治療に効果的ではないと医師は言いました。

中国政府は、新しい状態の開発に関する徹底的な調査を実施すると述べています。

カナディアンプレス

バンクーバー-グレゴール・ロバートソン市長は、市庁舎から巨大なアメリカ国旗を取り除く計画はないと言いますが、市所有の建物の正面の芝生では歓迎されないと言われていると言います。

今日の考察/「妊娠届」5月以降 大幅に減少 新型コロナ影響か | 新型コロナウイルス | NHKニュース日本の新規妊娠数は4月に1万4,843人と20年ぶりの低水準に落ち込み、最初の2ヶ月間は過去最低の出生数を記録していたことが月曜日に政府...

ロバートソンは木曜日に、市が市所有の土地で旗を掲げることに対して市が方針を持っているので、市職員によって旗が屋根から取り除かれないと言われたと言いました。

ロバートソン氏は、市職員にこの件に関する状況報告書を提出するよう依頼したが、まだ受け取っていないと述べた。

「彼らが問題を検討するのに時間を割いてくれてうれしい。この点に到達しなければならないのは本当に残念だ」と彼は言った。

この旗は、19世紀後半にカナダラインの本拠地であったバンクーバーのスカイラインの備品です。 1909年にブリティッシュコロンビア鉄道に売却された後、サウスグランビルの新しい鉄道駅に移動しました。

また、市が所有するバンクーバーコンベンションセンターの屋根にはアメリカ国旗が掲げられています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎、子供への感染例も 最年少は生後9カ月 中国紙報道 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by Rod Raglin

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です