考察

今日の考察/武漢から帰国の様子を日本人が撮影 TBS NEWS

戦後、米国政府はこれらの人々が戻ってこないようにしました。彼らは20年以上米国を離れることができず、その一部は刑務所や強制収容所に連れ去られました。

中国で最初に国民的英雄になった人の1人は、1970年に人民解放軍から逃れた王文林という男でした。彼はアメリカ軍に捕らえられましたが、手遅れでした。

1981年、彼は釈放され、米国から100人以上の亡命者の本国送還を担当する「人道主義者」として中国に戻った。

彼の人気は急上昇しました。彼はアメリカに平和をもたらした英雄として歓迎されました。

政府はまた、彼らの本国送還を支援する特別な部門を創設しました。

2001年に、新しい政府である党大会が開催されました。

その年、帰国した多くの元市民が党のトップ階層にいました。王はマオイストの指導者に最初に侵入して首位に立ちました。

2004年には、Wangと別の元米国市民であるJoseph Liuは、米国で10年以上刑務所で過ごしたが、中国での「人道的」活動の勲章である最高位の名誉も与えられた。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

二人は元米国市民の家族の再会を助けました。

米国政府は本国送還事業から多額のお金を稼ぎ始めました。王は、米国政府が本国送還を行うのを支援するために、年間100,000ドルを支払われました。

ワンは、中国亡命者の第三国定住のためのアメリカ財団の創設者の1人であり、中国の学生に1年間奨学金を提供し、元米国市民の家族に家を提供しました。

当初、政府は元米国市民にあまり注意を払いたくなかったため、米国に返還しました。

しかし、米国政府が年に2万ドルから5万ドルを支払うようになった後、政府はより綿密に見始めました。

たとえば、2007年に、王と彼の信奉者のグループはワシントンD.C.に行き、自由の見返りとして米国政府が元米国市民に1億ドルを支払うことを要求しました。

王のグループはお金を得ることができた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

武漢から帰国の様子を日本人が撮影 TBS NEWS
news.tbs.co.jp


Photo by philip.mallis

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です