考察

今日の考察/新型肺炎 武漢から帰国希望の日本人は残り約300人 外務省 | NHKニュース

投稿しました

台風ナルギスの間に武漢市から逃げた何百人もの人々が帰国の準備をしているが、今では彼らの生存の可能性を心配している。

NHKニュースによると、20人の子供を含む200人以上が、政府が運営する高齢者の避難所から過去数日で帰国しましたが、まだ閉鎖されています。

すべての大人が帰国し、さらに多くの人が数日以内に戻ってくると予想されていますが、多くの人は子供のニーズを満たすことができるか心配しています。

「どうすれば子供のニーズを満たすことができますか?子供を適切に食べる方法がわかりません。衣類を子供に提供する方法がわかりません」と家に帰る女性が言った。

別の女性は、家を出るのが怖いと言った。

「盗賊に襲われるのが怖いので、立ち去ることはできません」と彼女は言った。

「誰も信用できない」

武漢の政府の緊急避難センターも、嵐の後1週間閉鎖された後に再開されました。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

避難所は、安全に家を出ることができない高齢者にも使用されました。

その地域から逃げなかった人々は、政府の建物に一時的な宿泊施設を与えられました。

武漢の郊外に住んでいる人々のグループは現在、市の郊外にある小さな村の橋の下に住んでいます。

残りの人々は政府のシェルターに連れて行かれており、当局者は残りの住民の長期的な安全性について何のチャンスも取っていないと言っています。

「政府が週の終わりまでにそれらを返さない場合、私達はそれらの世話をすることができません」とNHKニュースが引用した政府の災害管理局の労働者は言った。

台風と地域のひどい被害を受けた後、土曜日に武漢市から合計4,000人が市内から避難しました。

その後、彼らは彼らの家に戻り、現在、再建のために彼らの家に戻ることを計画しています。

武漢災害センターは、エボラの1,500の確定症例とマラリアの1,000の登録を登録したと言います。

台風は人々を家から避難させることを余儀なくされ、当局は遅れをとることを選んだ人々を取り戻すために働いています

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎 武漢から帰国希望の日本人は残り約300人 外務省 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by World Economic Forum

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です