考察

今日の考察/武漢から帰国・入院の5人は新型肺炎陰性 ほか7人が検査中 – 産経ニュース

CDCの報告書は、最近の中国の症例数の急増は、「尿路感染症(UTI)の治療における抗生物質の使用増加の直接的な結果」および他の細菌感染症である可能性が高いと指摘している。

研究の著者は、最も重要な発見は、米国がUTIの総数の急激な増加を見る唯一の国であり、それらを引き起こす細菌がそれらを置き換える薬物に耐性がないことであると言う。

CDCによると、米国で抗生物質で治療されたUTIの数は、2003年から2010年にかけて50%増加しました。

「抗生物質耐性菌の増加は、米国の病院での非常に強力な抗生物質の使用と、尿路感染症の治療のためのこれらの抗生物質の使用に明確に関連しています」と著者は書いています。

研究者はまた、米国での抗生物質の使用は、過去10年間に薬剤耐性菌の症例がなかった欧州連合よりもはるかに多いことに注目しています。

研究の主著者である米国疾病管理予防センターのピーター・バトナガー博士は、米国のUTIの数は40年以上増加しており、米国の病院での抗生物質の使用は4倍以上増加していると述べましたもっと早く。

「抗生物質耐性の上昇は、UTIの治療における抗生物質の使用の増加に直接関係すると考えています」と彼は言いました。 「我々の研究は、UTIの増加が医療の変化ではなく抗生物質の使用に関連していることを示しています。抗生物質耐性の増加は医療の変化ではなく抗生物質の使用に関連していると考えます。」

今日の考察/京都の感染8人、女性会社員ら入院 新型コロナ、23日発表|社会|地域のニュース|京都新聞ナイジェリアで保健ワーカーの間でエボラ感染が2例確認された。 ボスニア ギニアでエボバンの疑いがある2例。 エボラウイルス病(EV...

Bhatnagar博士は、CDCがUTIに抗生物質を推奨する病院のガイドラインを発行しているが、それらのガイドラインは依然としてそれらを治療する方法の詳細には入らないと付け加えました。

「CDCガイドラインでは、医師が特に指示しない限り[抗生物質の使用]は推奨されておらず、医師が使用すべき特定の種類の抗生物質については言及していない」と彼は述べた。

Bhatnagar博士は、米国が世界で2番目に高い抗生物質耐性率を持ち、日本に次ぐと述べました。

「抗生物質治療ガイドラインの変更の必要性についてはまだ議論中ですが、UTIの治療における抗生物質の使用が抗生物質耐性の有病率に影響を与えていることは明らかです」と彼は言いました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

武漢から帰国・入院の5人は新型肺炎陰性 ほか7人が検査中 – 産経ニュース
www.sankei.com


Photo by joepiette2

今日の考察/社民、分裂へ 立憲合流で離党容認:時事ドットコム憲兵隊、与党連合の分裂にもかかわらず結束を急ぐ 共同 角栄。 首相が提案した内閣案を支持しない 毎日新聞 安倍首相、月曜に新内閣案を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です