考察

今日の考察/ウイルスあるのに症状ない人も…厚労省が危機感「新たな事態だ」 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

新しい状況があります。保健省は、子供、若者、成人に影響を及ぼしているウイルス性出血熱の症例がますます増えているため、危機を感じています。

同省は今年、これまでに症例数が10,000に達したと推定している。

「一般大衆は、親forに直ちに助けを求めるか、彼らが予防接種を受けていることを確認するよう警告されている」と、ある省は述べた。

「重大な危機があり、私たちは危機の認識をすべての人に呼び込もうとしています。」

発生は本州の南の島に広がっており、保健当局はそれが人口約1300万人の関東地域に広がっていると信じています。

同省はまた、東京での事件の急増を警告しており、政府は首都の事件の一部が他の場所で発生した可能性があるかどうかも調査している。

同省によると、確認された症例の数は現在5,000人です。

「これは、私たちがこのウイルスの歴史の中で最悪のアウトブレイクです」と、同省のウイルス性疾患の国立公衆衛生研究所所長である西見隆博士は述べました。 「1か月でこんなに多くの症例を見たことがない」

今日の考察/首相夫人も外交デビュー 昼食会や博物館視察(産経新聞) - Yahoo!ニュース私たちがどれだけ愛しているか 知ってほしいの ロンドンの日本大使館が職員への感謝状を発表し、毎日のブリーフィングで読み上げている。 (...

省によると、ウイルスはインフルエンザのエピソードを初めて、または人生で初めて持つ人の数を急増させました。

日本の他の地域では、発生が報告されている米国とハワイでいくつかの症例が報告されています。しかし、中国ではウイルスが風土病であるという例はありません。

ウイルスは、空気中に流された呼吸の小滴を介して広がります。

国際赤十字連盟の広報担当者は、組織はアウトブレイクを認識しており、被災地の人々に連絡をとろうとしていると述べた。

「赤十字国際連合は、厚生省と連絡を取り、影響を受けた人々に即座に支援を提供している」と広報担当者は述べた。

これは、モヒカンの最後の戦いの最後、モヒカンのトピック外カテゴリ内のモヒカンの最後の戦いの最後の議論です。モヒカン族のオフトピックカテゴリ内の「モヒカン族の最後の最後の戦い」。モヒカン族の非トピックカテゴリ内のモヒカン族の最後の戦いの最後。モヒカン族のオフトピックカテゴリ内のモヒカン族の最後の戦い。モヒカン族のオフトピックカテゴリ内のモヒカン族の最後の戦い

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ウイルスあるのに症状ない人も…厚労省が危機感「新たな事態だ」 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by jean louis mazieres

今日の考察/調布の住宅街で陥没 外環道トンネル工事のルート真上 以前から振動が問題に:東京新聞 TOKYO Web外環道トンネル工事のルート直上にある調布市の住宅街では、以前から振動問題が発生していた空洞が発生している。 調布と海海の洞窟をきれいにす...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です