考察

今日の考察/症状ない人の感染「想定外だった」 厚労省、調査拡大へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

1月に東京、大阪、京都に開業する病院経営のクリニック

沿って

共同通信

2013年1月5日

東京/ワシントン:日本は、エボラウイルスに感染する可能性のある患者を治療するために、西アフリカでの大流行で感染する可能性のある患者を治療するために、6つの新しい診療所を設立していると、厚生労働省は火曜日に述べた。

クリニックは厚生労働省が運営し、2013年の第1四半期にそれぞれ異なる地域の東京、大阪、京都で開きます。エボラ患者の治療経験のある医師と看護師が配置されます。西アフリカで。

「厚生労働省は、西アフリカでのエボラウイルスの発生に対する包括的な対応を開発しており、これらの新しい施設を使用して、エボラに感染した人々の健康を保護します。」緊急対応部門は、火曜日に記者団に語った。

彼は、厚生労働省は、リーフレットによる公教育や、感染地域の人々へのエボラ消毒薬を含む衛生キットの配布などのさまざまな手段を通じて、発生に対する包括的な対応を開発すると述べた。

今日の考察/丸山穂高氏 菅首相長男“超高額接待”で話題の飲食店に凸リポ宣言「政治資金で!」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース3. SBU)菅首相の息子で、同じく閣僚である東ソー氏がスキャンダルの中心にいる。父の閣僚を助ける見返りに、官僚から贅沢な贈り物を受け取...

asa森は、同省はエボラにさらされたかもしれない人々の感染レベルを決定するために働いており、感染した人々を地域から除去するための措置を講じると述べた。

彼は、人々がそもそもエボラに感染しないように、診療所は予防策として使用されると述べた。しかし、彼は、診療所は緊急施設としては使用されず、エボラ患者の治療には使用されないと述べた。

asa森氏は、エボラ出血熱患者を治療する能力を備えたクリニックがさらに20あり、来月中に東京、大阪、京都でオープンする予定であると述べました。

「私たちは、エボラから回復するのに役立つ適切なケアとケアを人々に提供します」とS森は付け加えました。

世界保健機関の推定によると、西アフリカでエボラに感染した可能性のある人の数は2,976人に増加しました。これは、西アフリカでウイルスに感染した可能性のある人々が増えていることを示しています。

WHOは現在、この疾患の症例は1,250件を超えており、現在西アフリカの主要な公衆衛生危機であると推定しています。最も打撃を受けた国はリベリアで、1500人以上がエボラで亡くなっています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

症状ない人の感染「想定外だった」 厚労省、調査拡大へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by GovernmentZA

今日の考察/7万円超接待は「心の緩み」 山田広報官 国会で追及政府は、2020年までに日本のテレビの定期視聴者である国民の数を1億人に引き上げる目標を掲げ、テレビ視聴の目標を1億人に設定した。 2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です