考察

今日の考察/「無症状でも感染」帰国者滞在のホテルに衝撃 「陽性」2人とも相部屋 – 毎日新聞

The New York Times、2004年7月29日、p。 A1:「研究の一環として、MA博士は病気、コミュニティへの影響、ヘルスケアシステムの対応についても研究しています。研究は来年に完了する予定ですが、MA博士は結果が今後5年以内に、他の病気に対する新しいワクチンの開発を支援するために使用してください。」

記事の著者は、もちろん、マイケルA. A.モネル博士です。米国医師会の元従業員であったモネルは、現在、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の公衆衛生科学の准教授です。彼は外交問題評議会のメンバーであり、彼は生涯の最初の6年間と残りの人生に家を提供しました。

モネルは、軍用工業団地、全米ライフル協会、ビッグタバコ、ビッグビジネス、ビッグオイル、ビッグバイオテックの強力な支持者です。

モネルは、ワクチンに関連するすべての問題について「頼りになる」専門家になるための探求において、ビッグファーマとの密接な関係を何度も明らかにすることに失敗しました。その結果、彼の「研究」は本質的に嘘です。

ロケット科学者は、彼の「研究」が遠隔的にも有効ではないことを理解する必要はありません。

こうしたすべての「研究」と同様に、モネルが生成するのは、これらの「データ」の妥当性を少しでも確認することなく、他者によってコンパイルされた「データ」、「データ」のコレクションにすぎません。

モネルの「研究」は、事実上、嘘のコレクションにすぎません。

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

過去20年で、モネルは何千ドルもの価値のある研究を生み出しており、製薬業界の利益のためにすべてを行ってきました。

彼の「研究」は、アメリカ人が良い医療を受けられないようにするという業界のアジェンダをサポートするようにも設計されています。

モネルの「研究」の意図は、アンドリュー・ウェイクフィールド博士の悪名高い「研究」報告書「MMR(はしか、おたふく風邪、風疹)の予防接種と自閉症」と同じです。

モネルによるウェイクフィールドのレポートおよびその他の記事は、科学的なメリットがないことを徹底的に精査すべきでした。実際、これらの記事は、チメロサール(防腐剤)の使用を停止するための「ワクチンの安全性の専門家」による行動への明確な呼びかけを提供するという点で非常に明らかになっています。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「無症状でも感染」帰国者滞在のホテルに衝撃 「陽性」2人とも相部屋 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by UNMISS MEDIA

今日の考察/目前の米大統領選、特派員が読む 「トランプ氏に追い風も」「バイデン氏、怖いのは失言」 - 産経ニュース" 日本は一人ではトランプ氏と向き合えない、トランプ氏は日本と向き合えることを示さなければならない" - 共同通信社 " トランプのた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です