考察

今日の考察/「新型肺炎」対策の新たな問題…日本の公金で中国人を治療するのか? 「入国制限」を行い治療費は大使館に請求を(夕刊フジ) – Yahoo!ニュース

私が最初に目にしたのは、1960年代後半の「新しい中国」の写真でした。 1963年の「新中国」の写真であり、今日の「元の中国」の写真とは大きく異なっていました。 「新しい中国」ははるかに明るく、緑豊かな雰囲気でした。はるかに洗練された外観でした。それは全く異なる国のように見えました。新しい中国人ははるかに洗練されていたので、彼らははるかに高い生活水準を持っていました。これらは、研究と仕事のために米国に行った人々でした。彼らの家族は1950年代の終わりまでに米国に行くことができたので、彼らは中国に戻る必要がありませんでした。

中国人は常に非常に悪い人として描かれているので、人々にこれを信じさせることは非常に難しいです。中国人は常に無知で怠zyであると描写されています。中国人は常に非常に貧しいと描写されていました。彼らは常に世界で最も腐敗した人々として描かれ、彼らは常に最も残酷であると描写されました。中国人が実際よりも強力で強力だと想像するのは非常に簡単でした。

それが「新型肺炎」に問題があり、中国人がアメリカ人にとても怒っている理由です。アメリカのマスコミと政治指導者は、常に中国人を地球上で最も邪悪な人々にしようと試みていました。中国人について多くの宣伝がありました。中国人は地球上で最も邪悪な人々でしたよね?

したがって、中国人は常に地球上で最も邪悪な人々であると描写されていたため、中国人はアメリカ人に非常に怒っています。

1963年、中国の人々はベトナムでの中国植民地の喪失に非常に怒っていました。中国人は何百年もそこにいて、彼らは何百年もそこにいました。そして、彼らはアメリカの植民地を助けるためにそこにいました。彼らは、ベトナムで永久植民地を建設した最初の人々でした。人々は常に、中国人は地球上で最も邪悪な人々だと言っていました!

彼らは自分たちの国の自由を奪うと見たものに対してアメリカ人に怒っていました。

今日の考察/新型コロナ分科会「今後3週間で集中して対策を」 街では「やむを得ない」との声も午後5時:町内の警察署に数名の反汚職・反腐敗運動家が連行されているとの報告がある。 5時30分:反対派が町長に会うために町役場に向かっ...

人々は愛国的になりたかった。したがって、中国政府がこれらの植民地を彼らから奪うのを見たとき、彼らはそれが間違っていると感じました。彼らはアメリカ人の抑圧者階級の一部になっていた。彼らは抑圧者階級の一部になっていた。中国の人々は彼らが彼らから連れ去られ、彼らの国から連れ去られたと感じました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

「新型肺炎」対策の新たな問題…日本の公金で中国人を治療するのか? 「入国制限」を行い治療費は大使館に請求を(夕刊フジ) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by byronv2

今日の考察/東京都が「GoToトラベル」一時除外の手続き確認…小池知事「国からの回答見て考える」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン葛西市が明治70年を記念して毎年恒例のイベントを開催 政府 . ニュース : 読売新聞オンライン 受け継がれる価値観 . 安倍晋三首相...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です