考察

今日の考察/湖北省滞在歴ある外国人の入国拒否…指定感染症を前倒し施行 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

日本の中国大使館は火曜日に通知を発行し、市民に子どもたちを学校から連れ去り、公共スペースを避けるよう求めました。

日本の通信社の報道によると、この通知は、首都圏の中国人学生を含む両親に午前8時ごろに発行されました。

通知は湖北省について特に言及していませんでしたが、通知の中で両親を指名しませんでした。

通知は、子供が行方不明になった場合、親は最高10,000円の罰金を科される可能性があり、子供は里親に預けることができると助言しました。また、両親が病気のときは子供たちを外で遊ばせないように言いました。

火曜日の日本の外務省は、この動きは「受け入れられない」ものであり、外国の学校を中国国内から運営することを許可しないと懸念を表明した。

子どもたちの安全が心配であり、「子どもたちは学校に行って公共の場で遊ぶ権利を持たなければならない」と述べた。

同省は、問題を調査していると述べた。

この通知は先月ニューヨークタイムズによる報告書に続いており、中国政府は屋外の遊び場の禁止や屋外の休憩の制限など、省内の中国の子どもの移動に一連の制限を課したと述べた。

今日の考察/「学校からの文書にまたハンコ?手書きで記入?」がなくなる日が来るかも(妹尾昌俊) - 個人 - Yahoo!ニュース困ったもんだ 匿名 01/01/15(月) 02:13:19 PM No.55912 >>55911 一番可能性が高いのは 自分にメ...

タイムズ紙はまた、中国政府は中国の学校での中国語の使用を禁止している、つまり中国人の子供は英語を学ぶことを制限されていると言った。

タイムズの記事は、中国政府も中国の新聞が州に入ることを禁止しており、この禁止は1990年代から毎年課されていると述べた。ニューヨーク・タイムズの報告は、市民のプライバシーを保護し、ジャーナリストが内外の問題を報告するために中国政府に十分近づくことができないようにするために禁止が制定されたと述べた。

同省は現在、中国語の禁止を精査しており、中国語を扱う法律の改正も求めています。

同時に、同省は教育制度における中国語の制限の撤廃を求めている。

この通知は日本の学校の中国人学生に発行され、2001年から2011年に現在施行されている日本の中国語法は「随時改正されています。法律にはいくつかの変更があります」。

この通知は、「教育省は日本政府の懸念を調査する」と述べた、ニューヨークタイムズは報じた

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

湖北省滞在歴ある外国人の入国拒否…指定感染症を前倒し施行 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by kndynt2099

今日の考察/「学校からの文書にまたハンコ?手書きで記入?」がなくなる日が来るかも(妹尾昌俊) - 個人 - Yahoo!ニュース困ったもんだ 匿名 01/01/15(月) 02:13:19 PM No.55912 >>55911 一番可能性が高いのは 自分にメ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です