考察

今日の考察/米、新型肺炎で緊急事態宣言 中国訪問者の入国禁止:時事ドットコム

インフルエンザA(H1N1)ウイルスに感染した中国国民である米国市民。彼は8月19日に病院に入院し、8月21日に集中治療室に移送されました。病院は、現在回復したと述べました。しかし、CDCは、アメリカ人の状態は深刻ではなく、彼は伝染性ではないと述べた。

どうしたの? H1N1ウイルスの新しい株が最近米国で表面化しました。このウイルスは、最近米国に旅行し、中国からの旅行者に感染した中国からの旅行者によって導入されたと考えられています。伝染性が高いとは考えられていないH1N1ウイルスは、咳やくしゃみによって空気中に拡散します。感染した表面に触れたり、粘膜上の液滴を介してウイルスを拡散させることにより広がります。どれくらい悪い? CDCは、仕事や学校から少なくとも24時間家にいることを人々に勧めています。彼らは、このウイルスが見られた特定の地域に旅行してはいけません。これは新型インフルエンザではありません。 CDCは、このウイルスが米国で見られたのは初めてだと述べた。ウイルスは、空の旅を通じて容易に広がることも期待されていません。これはどのくらい起こりそうですか? CDCは、それが起こる可能性は非常に低いと言っています。次の6か月から12か月で発生する可能性はありますか? CDCは、今年の終わりまでにそれが起こる可能性は非常に低いと言います。どうすれば自分を守ることができますか? CDCは、毎日少なくとも24時間は職場や学校から家にいることで、人々がこのウイルスから身を守るべきだと述べました。食べた後はせっけんで頻繁に手を洗い、咳やくしゃみをしないことで、このウイルスに感染しやすい人との密接な接触を避けることができます。 CDCは、このウイルスに汚染された飲料水や水皿を避けることも推奨しています。あなたが病気になった場合、CDCはあなたの医者に電話することを勧めました。

どれほど深刻ですか? CDCは、1週間以内に病気になることを推奨しています。

CDCはそれについて何をしていますか? CDCは、新しいウイルスを認識しており、その拡散を防ぐための措置を講じていると述べました。また、現在の監視手順を見直して、ウイルスをより適切に追跡し、その広がりを監視していると述べました。声明の中で、CDCは、発生は一般住民にとって健康上の脅威ではなかったが、呼吸器疾患を持つ人々の意識を高めるべきだと述べた。 CDCは、米国でのウイルスの広がりを監視する計画の開発に取り組んでいると述べました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

米、新型肺炎で緊急事態宣言 中国訪問者の入国禁止:時事ドットコム
www.jiji.com


Photo by USAG-Humphreys

今日の考察/国内で新たに2428人感染、40都道府県で過去最多更新…都内2日連続500人超 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン日本でのHIVの新規感染者数が都道府県レベルの基準値1,000人を突破したと厚生労働省が日曜日に発表しました。 日本のHIV感染者数が...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です