考察

今日の考察/中国全土に「渡航してはいけない」米、最大危険度に : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

投稿日:2006年2月19日06:02 PM

伝えるべき物語があります。私は中年の中国人男性に会いましたが、彼は中国でどのように仕事をするのかを教えてくれました。ばかげているように聞こえますが、実際には本当です。中国の真ん中に、彼はあらゆる種類の人々に会うために、世界で彼自身の方法を作る機会がありました。彼がとらなかったチャンスだった。

この男はどのようにして中国に依存するようになったのですか?彼が共産党に支配された社会に住んでいたのは彼のせいではなかった。彼はこの問題に選択肢がなかった。人々が牛のように扱われる社会に生まれたのは彼のせいではありません。

中国の人々は農民の人々です。彼らの農民は家を所有できないため、都市への移住を余儀なくされています。その結果、彼らは十分な教育を受けておらず、豊かな生活を送る機会がありません。それに加えて、中国の人々は共産党から、彼らは指導者に従順でなければならないと言われました。それは依存感につながるシステムです。

そのため、中国国民は文化大革命の初めに教育を受けていませんでした。彼らは高学歴の人ではありませんでした。彼らは西洋では教育を受けていませんでした。彼らは文盲でした。また、学習に関しては怠け者でした。それが彼らが田舎に送られた理由です。

しかし、彼らを本当に愚かにしているのは、田舎に来たときに、生き残るための唯一の方法は一生懸命働くことだと言われたということです。それは彼らを党に依存させるシステムです。

中国人が愚かだとか、心が紙でできているとか言っているつもりはありません。私が言っているのは、党が彼らを馬鹿にしているということです。

今日の考察/自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴 - 毎日新聞自民党、北海道第2次補選で「ノーコンテスト」を選択 敗北なら首相の責任 - 毎日新聞sansevents 自民党、北海道第2次補選で「...

多くの中国人、特に農場労働者は本当に愚かでした。彼らはそこで働きに行き、そして街に着くと、彼らはできる限り一生懸命働かなければならないと言われました。しばらくして、彼らはそれを信じたほど愚かになりました。

中国人が他の中国人と会った後、彼が西に行きたいと言ったとき、党は彼にそこで仕事を得るチャンスがないと彼に告げる。彼らは彼に従順であるべきだと言います

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

中国全土に「渡航してはいけない」米、最大危険度に : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by fossilmike

今日の考察/「緊急事態」11都府県に拡大 2月7日まで 「ビジネス往来」一時停止も表明非常事態は2月7日まで11都府県に拡大、「営業交通」の一時停止が発表されました【速百年限定】。 想定外」の事態に備え、県は警察のパトロ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です