考察

今日の考察/残る140人の帰国に向け第4便派遣へ…第3便は25人が搬送 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

東京大学の日本の政治の専門家である広瀬和夫氏は、国の議会が日本の空軍機による燃料補給を求める外国政府の要求を承認することは珍しいことではないと述べた。 「しかし、これは特定の目的のために外国の航空機の特別な飛行を要求するのは珍しいことだ」と彼は言った。 「それは軍事作戦により適しているでしょう。」

昨年、日本の航空自衛隊(JASDF)は、より積極的な軍隊になるための日本の継続的な「リバランス」の一環として、すでに28機のジェット戦闘機を米国に供給していたと語った。

しかし、航空機は飛行せず、東京の航空自衛隊本部の職員はコメントの要請に応じなかった。

日本政府はまた、米国主導のイスラム国家に対する軍事連合に参加することは急いでいないことをアメリカ人に安心させようとしました。

「私たちはISILと戦うつもりはありません。何らかの形で決断を下すわけではありません」と安倍Prime三首相は日曜日に述べたが、米国は「待って見る」べきだと付け加えた。

米軍の太平洋司令部はその作戦の詳細を明らかにしていませんが、政府高官は今週、米軍が航空機をより効果的に使用するために地域のパートナーを訓練していると述べました。

「彼らを訓練すればするほど、彼らはより効果的になるだろう」と当局者は言った。 「全体のポイントは、彼らが正しい種類の弾薬と他の装備を持っていることを確認することです。」

米国はまた、日本兵に航空機を使用するよう訓練しており、兵logisticsを支援しています。

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

「私たちは、ISILに対する作戦を含む作戦を実行する日本軍の能力に非常に興味を持っています」と、米太平洋司令官のスポーター中佐は言いました。 「日本がこれらの航空機を操作できるようになることに大きな関心を持っています。

「私たちは日本と協力して、彼らがこの地域で最も効果的な力となるよう支援しています。私たちは彼らがそれを行えるようになることを非常に興味を持っています。」

日本軍は、この航空機に何が起こったのかは不明であると述べていますが、米軍当局者は、米軍が航空機がシリアで撃downされたと確信しておらず、調査もしていなかったと述べました。

しかし、今回の事件は東京をがたがたさせ、シリアとイラクのイスラム国家に対する米国の空爆に日本が関与すべきかどうかについての議論を引き起こした。

東京では、安倍Shin三首相がアメリカ人に単独で入国することを警告し、アメリカが日本で成功するためには日本の空軍力が必要だと言った。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

残る140人の帰国に向け第4便派遣へ…第3便は25人が搬送 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by HAMACHI!

今日の考察/青森県内コロナ感染、新規6人、累計149人に|行政・政治・選挙|青森ニュース|Web東奥日本最北の県の一つである青森県では、2016年10月にウイルスが初めて検出されて以来、146例の報告があり、2016年11月からは159...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です