考察

今日の考察/新たに3人、計20人が感染 新型肺炎、再検査で陽性も 厚労省(時事通信) – Yahoo!ニュース

病院や診療所でインフルエンザワクチンを接種することで、肺炎の人を治療できるかどうか疑問に思っていました。私は前に肺炎にかかったことがありますが、重症ではありません。

私は最近医者に行きました、そして医者は私にそれのためにインフルエンザワクチンを与えた病院に私を送りました。私は前に肺炎にかかったことがありますが、重症ではありません。私は現在、肺炎のために抗生物質を投与されています。これが効果的である可能性はどのくらいですか?

シルビア

可能ですが、保証はありません。インフルエンザワクチンは、深刻な肺炎や風邪などの他の状態の治療には効果的ではない場合があります。さらに、インフルエンザワクチンでは十分な保護が提供されない可能性があります。

肺炎の予防策として使用できるワクチンがあるかどうか興味がありますか?私は看護師であり、現在病院で働いています。私の仕事が肺炎の予防につながるかどうかを知る必要があります。

シルビア

あなたの仕事はあなたが肺炎になるのを防げないかもしれません。肺炎をチェックするための医師の診察は、非常に痛みを伴い、場合によっては致命的です。また、あなたはインフルエンザの歴史があるかもしれません。

この病気や他の病気に利用できるワクチンはたくさんありますが、ほとんどは子供に与えられています。風邪をひく危険がある場合は、インフルエンザワクチンを接種する必要があります。

今日の考察/東京都の新規感染者591人 14日連続で前週を上回る(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース2017年6月18日~2017年6月18日 1. 東京でのチクングニア感染者の第一波は今年は回避されたようだ(AP通信) - Yaho...

風邪をひく危険がある場合は、すぐにワクチンを接種するのが最善です。人々が病気にかかる場所にいる少なくとも7日前にインフルエンザワクチンを入手してください。

以前に肺炎にかかったことがある場合は、少なくとも50%回復したらインフルエンザの予防接種を受けてください。免疫システムが正常に機能し続けるには、もう1ショットが必要な場合があります。

以前に肺炎にかかったことがある場合は、少なくとも50%回復したらインフルエンザの予防接種を受けてください。免疫システムが正常に機能し続けるには、もう1ショットが必要な場合があります。

肺炎があり、しばらくインフルエンザの予防接種を受けていない場合は、2〜3週間ごとにインフルエンザの予防接種を受けてください。次回風邪をひいたときは、医者に行くとすぐにインフルエンザの予防接種を受けます。

肺炎がある場合は、月に一度インフルエンザの予防接種を受けてください。人々が病気になる場所にいる少なくとも7日前に入手してください。

肺炎がある場合は、年に4回、または風邪をひいたときにインフルエンザの予防接種を受けてください。人々が病気になる場所にいる少なくとも7日前に入手してください

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新たに3人、計20人が感染 新型肺炎、再検査で陽性も 厚労省(時事通信) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by iuFOR

今日の考察/大阪はすでに「アウトブレイク」専門家が指摘 吉村府知事に求められる“本当の実行力”(東スポWeb) - Yahoo!ニュースアメリカは日本のダイオウイカの復活に「全面的に協力する」と約束(Yahoo!ニュースアルバリー) 科学者たちは、ダイオウイカを海に戻す...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です