考察

今日の考察/武漢周辺の140人、帰国に壁…第4便派遣は来週半ば以降か : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

ia門から武漢へのフライトは、天候のために約20分遅れ、飛行機は予定の時間に到着しませんでした。

フライトは午後5時過ぎに武漢に着陸しました。

乗務員は飛行中に写真を撮ることはできませんでしたが、フォトジャーナリストの王X剛が写真を撮りました。飛行機とその胴体を示しています。胴体は非常に明確です。地上の実際の飛行機の写真ではなく、空中の飛行機の写真です。

飛行後、多くのジャーナリストがターミナルにいて、飛行機の写真を撮ろうとしました。彼らは許されませんでした。空港当局は、たとえ許可されたとしても、写真がメディアに掲載されないようにしたかった可能性があります。

飛行機は午後6時頃に武漢に戻りました。

ia門から北京まで、2つのフライトをキャンセルする必要がありました。

航空会社は、午前9時から午後9時まで中国での運航を禁止されています。禁止は商業便には適用されません。

中国政府は、来年、中国への発着便数を週に2,500便減らすことを発表しました。新華社通信によると、その年の最初の3か月で、フライト数は少なくとも50%削減されます。

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

この規制は1997年の北京夏季オリンピック以来初めて中国への出張を制限しそうです。

ビジネス便の制限は、2つの理由で課せられます。第一に、北京政府は今年の最初の3か月で外国投資家の中国への旅行量を30%に制限することを決定しました。第二に、国際宇宙ステーションへの中国のフライトの数は、宇宙ステーションがまだ稼働しているものの、年間半減して100フライトになる可能性があります。

今年はすでに1,300以上のフライトがキャンセルされています。キャンセルの数はおそらくすぐに増加します。

中国の主要航空会社は、旅行制限の変更を非常に懸念しています。中国政府は、上位2社を除くすべての航空会社の国内市場を閉鎖すると脅迫しています。

外国旅行部門を担当する中国国家観光局は、政府がビジネスのために中国に入国することを許可された外国人の数を増やすと発表した。政府はまた、来年の出張のために中国に入国できる中国人旅行者の数を制限します。

増加の理由の1つは、政府が中国の中国人観光客の数を増やしたいということです。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

武漢周辺の140人、帰国に壁…第4便派遣は来週半ば以降か : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン
www.yomiuri.co.jp


Photo by kndynt2099

今日の考察/東京都で新たに150人の感染確認:東京新聞 TOKYO Web: 東京ウェブリケ 2014.05.13 12:21:44 12-05-2014 津波が東京の海岸線を襲う 今年5月12日の午前2...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です