考察

今日の考察/武漢周辺の140人、帰国に壁…第4便派遣は来週半ば以降か(2020年2月2日)|BIGLOBEニュース

1990年代後半、米国空軍は、人口約300万人の武漢地域の米国太平洋司令部の担当地域で、PLA空軍と共同演習を実施しました。この演習には、空軍と人民解放軍の空軍を支援するために、約180機の米国およびPLA航空機がその地域に配備されました。

そのような航空機の1つは、2つのF-5Eストライクイーグルと4つのA-10イボイノシシを搭載したB-52ストラトフォートレスでした。 F-5Eストライクイーグルスは、米国空軍の在庫で最も先進的な空中戦闘機であり、F-5の以前のバージョンよりも高い検出範囲と解像度を備えた高度なレーダーシステムを備えています。空軍の在庫で最新かつ最も先進的な戦闘機であるA-10は、ステルスおよびステルス技術を特徴とし、人間の髪の毛の約2.5倍の薄さの飛行エンベロープを備えています。

B-52ストラトフォートレスの航空機は、演習中およびその後の数か月間、米国空軍によって飛行されました。演習で、空対空および空対地のさまざまな操縦をテストし、空中支援の役割を果たしました。 B-52は、レーダーやその他のセンサーに依存することなく、敵の空中攻撃を防ぐことができるように設計されています。

演習は中国の武漢市飛行場で行われ、航空機は2月2日午後4時30分に到着しました。 B-52は、シミュレートされた戦闘環境で空中で2時間の操縦を行いました。 B-52は10,000フィートの最大高度で飛行しました。パイロットはバレルロールやバンクターンなどの機動訓練を行い、空中および地上での緊密な航空支援と空対空戦闘を行いました。

演習中、B-52は多くの敵機と交戦し、地上目標に対する爆撃も実施しました。彼らは、操作において限られた役割を果たしました。

中国空軍は、過去数ヶ月の間に多くのプラットフォームから多くの短距離弾道ミサイルを発射しました。彼らは過去6か月間に40キロメートルから20キロメートル以上の範囲からいくつかの短距離弾道ミサイルを発射しました。最初の短距離弾道ミサイル試験は、2016年11月30日に人民解放軍によって実施されました。

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

10月、人民解放軍は武漢市恵昌市の試験範囲からミサイルを4発発射しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

武漢周辺の140人、帰国に壁…第4便派遣は来週半ば以降か(2020年2月2日)|BIGLOBEニュース
news.biglobe.ne.jp


Photo by mahmoudhashemi

今日の考察/「重点化」が「ゲンテン化」? 首相、所信表明で複数箇所言い間違い  - 毎日新聞首相は アジア太平洋をあきらめるつもりはないが、自由貿易圏ではないという現実を無視するわけにはいかない。 首相:アジア太平洋をあきらめ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です