考察

今日の考察/福島県警ヘリ不時着「風にあおられた」 機体持ち直し田んぼに 事故で移植断念は初 – 毎日新聞

日本政府の災害への対応は遅かった。しかし、過去6か月間、政府が明らかに何もしなかったにもかかわらず、災害は国を襲うことをやめませんでした。

犠牲者の遺体の多くは、適切な清掃なしで海に埋もれていました。

政府が被害者に適切な援助を提供しなかったことは、災害前であっても国際原子力機関によって非難されてきました。

さらに、適切な支援を提供できなかったことは、国際原子力機関によって非難されています。

その結果、災害の影響を受けた地域に食糧援助を提供していた国連世界食糧計画は、災害をきっかけに資金を削減しました。

災害の結果、日本政府は被害者の家族に補償を提供しようとしました。ただし、補償請求の提出期限が過ぎたため、補償請求の提出期限が過ぎました。

災害の余波で、日本政府はまた、特に大気中の放射能汚染と作物としての米の損失の報告に関して、メディアを災害のせいにしようとしました。

今日の考察/「妊娠届」5月以降 大幅に減少 新型コロナ影響か | 新型コロナウイルス | NHKニュース日本の新規妊娠数は4月に1万4,843人と20年ぶりの低水準に落ち込み、最初の2ヶ月間は過去最低の出生数を記録していたことが月曜日に政府...

今年の最大の日、そして今年の最大の公開イベントに参加するために街や歩道に人々を連れて来るのは、この時期についてはどうですか?結局のところ、それは夏の初日です!

今年は、告白から始めたいと思います。90年代後半に、私は夏が大好きになりました。私はそれを十分に得ることができませんでした。私は10代後半または20代前半で、話すことができるすべてでした。キャンプ、ハイキング、ビーチでのんびり、自転車をブロックの周りに乗ることが好きでした。夏は私の一番好きな時期でした。私は早起きしてその日の準備をし、ピクニックをし、外出しました。それから、何日もではないにしても、裏庭や近所の庭で料理やハイキングをしていました。初めてハイキングに行ったのは、両親の裏庭のビーチでした。両親には裏庭がありませんでしたが、隣人には美しいビーチがありました。

過去10年間、私は夏に戻って家族や友人を訪ねてきました。中西部で夏を過ごすつもりはありませんでしたが、家族や友人に会う機会を逃すことは困難でした

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

福島県警ヘリ不時着「風にあおられた」 機体持ち直し田んぼに 事故で移植断念は初 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by Dennis S. Hurd

今日の考察/韓国済州道知事「福島汚染水放流すれば韓日の法廷に訴訟提起する」(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース15時50分:日本の新しい映像。 原子力発電、日本の「核爆弾」。 3:42pm: 日本の原子力監視委員長は、災害を封じ込めることは可能...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です