考察

今日の考察/桜見る会参加者増、安倍首相突出 「長年の慣行」との釈明に矛盾(共同通信) – Yahoo!ニュース

4月15日の夕方、東京の安倍首相官邸でお花見会の写真を見ました。私が見た写真は、PMと一緒に日本を旅行したばかりのスタッフの写真家が撮影したものです。庭には約200人の小さな群衆がいました。私は庭の最後の列にいて、PMに直面していました。彼は私の右に立っていて、彼は住宅の正門のガラスを通して外を見ました。スタッフのカメラマンの何人かは、ガラス越しに庭を眺めて立っていました。私にはプライベートパーティーのように見えました。私は彼がどのように写真を撮っているのか見ませんでした。私は彼が電話を外して窓に立っているのを見なかったので、彼が写真を撮っていたかどうかはわかりません。 「長期」の慣行はなかったと思います。ただの写真撮影でした。彼は、内閣官房前のオフィスから桜の写真を撮るのと同じくらい簡単にできたはずです。

今年の首相の活動について私が言ったことに、人々がどのように驚くかを理解できます。彼が日本で重要な毎年恒例の儀式である桜の写真を撮っていると信じることは容易ではありません。 「長期的な」実践の例と見なされる可能性のある何かを指摘しなければならない場合、首相時代にhe国神社を訪れていたという事実でしょう。首相が公邸を利用して神社のイベントを開催するとき、これは「長期的な慣行」ではないと思います。彼が3月に行ったように、彼が春と秋に同じ場所を訪れるとき、それは「長期的な練習」であるとは思わない。首相は、毎年恒例の戦没者追memo、母親の葬式、または演説のために、eral国神社を定期的に訪れることを強調することが重要だと思います。首相が年に一度の訪問時期にスピーチをしたり、公共のイベントに行ったりするのは、「長期的な慣行」ではないと思います。首相は何度も言っているように、彼はregular国神社への定期的な訪問者です。彼は毎年、戦没者の追the式に出席し、Yasu国神社に行きます。彼はまた、3月に行ったのと同じ春と秋に同じ場所を訪れるかもしれません。また、首相は夏季に東京都博物館を訪問します

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

桜見る会参加者増、安倍首相突出 「長年の慣行」との釈明に矛盾(共同通信) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by 雷太

今日の考察/石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」 - 毎日新聞故郷に帰りたくないと言う日本人がいるのも納得ですね。 石破浩は一人で生きることを選んだ男だ。 彼には家族はなく、妻子もなく、一人暮ら...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です