考察

今日の考察/新型肺炎「簡易検査キットの開発にすでに着手」首相 | NHKニュース

肺炎の原因となる細菌との戦いにおける最新の開発は、病気の初期段階での開発を予測できるテストを作成する努力から来ました。

「研究所で高いレベルで何かが発見された場合、それを使用して患者のウイルスをテストすることができます」と国立衛生研究所の上級研究員は述べています。

「ウイルスから肺炎を発症する可能性があることを患者に伝えることはできません。早すぎます。しかし、単純なテストキットの開発が開始されると、疾患の初期段階でそれを検出できます。

「Molecular Medicine and Biology」誌に掲載されたこの研究では、肺炎を引き起こす細菌の「分子指紋」を検出するために使用できるテストを作成するための研究チームの仕事について説明しました。この試験は、米国国立微生物学研究所の研究価値賞プログラムの下で利用可能になります。

チームは、インフルエンザウイルスと細菌も同様の配列を持ち、肺炎を引き起こす細菌もインフルエンザウイルスと同様の配列を持つことを発見しました。

研究チームはまた、インフルエンザウイルスと細菌も同様の配列を持ち、肺炎を引き起こす細菌もインフルエンザウイルスと同様の配列を持つことを発見しました。

そこで、研究チームは、肺炎の多くの患者からのサンプルでこれらの類似性をテストしました。彼らは、テストしたサンプルのうち13個だけが他のインフルエンザウイルスと同一であることを発見しました。

「インフルエンザウイルスは肺炎を引き起こす細菌と非常によく似ており、肺炎を引き起こす細菌もインフルエンザウイルスと非常によく似ていることがわかりました」と国立研究所のリチャードL.シック博士は言いました。メリーランド州ベセスダでのアレルギーと感染症の予防。

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

「重要なのは、細菌はインフルエンザウイルスと類似した配列を持っていることです。インフルエンザワクチンを作成するために国立衛生研究所が使用しているインフルエンザ株は、共通の同じ遺伝子を持っています」と、シックは言いました。

この研究では、インフルエンザウイルスも肺炎を引き起こす細菌と類似した配列を持っていることがわかりました。

ピッツバーグ大学のインフルエンザ研究者であるジョン・S・ブルーム博士は、「インフルエンザウイルスが肺炎を引き起こす細菌と同じ配列を持っていることをほとんどの人は知らない」と発表した。

研究者は、細菌もインフルエンザウイルスと同様の配列を持っていることを発見しました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎「簡易検査キットの開発にすでに着手」首相 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp


Photo by rverc

今日の考察/学術会議、年内に改革案 会長が井上科技相に伝達 - 産経ニュース2015年7月10日(水)日本学術会議の年末までの改革案は、科学技術分野での国際競争力を高めるとともに、国が高い水準の研究開発を維持でき...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です