考察

今日の考察/日本株、新型肺炎関連が売られる 治療巡る発表を嫌気 – ロイター

1/25/2018

ベネズエラの野党大統領ニコラス・マデューロは、数ヶ月にわたる反政府不安の後、彼の立場から解任されたと、当局は火曜日に、最新の一連の権力闘争とスペインからの独立を勝ち取って以来中東の国を悩ませてきた政治的不安定の中で20世紀後半。

ベネズエラの野党大統領ニコラス・マデューロは、数ヶ月にわたる反政府不安の後、彼の立場から解任されたと、当局は火曜日に、最新の一連の権力闘争とスペインからの独立を勝ち取って以来中東の国を悩ませてきた政治的不安定の中で20世紀後半。

原油の価格は1971年に米ドルが導入されて以来、石油生産量が急激に低下し、12月にインフレ率が500%以上にまで上昇したため、原油価格は最高水準まで上昇しました。

6つの主要通貨のバスケットに対するグリーンバックを測定するドル指数は、火曜日に主要通貨のバスケットに対して7ヶ月ぶりの高値まで上昇しました。

ニューヨーク商品取引所では、ドル指数はバレル当たり1.3826ドルで取引されていましたが、午後4時43分には1.3462ドルでした。 ET。

石油大手サウジアラビアが生産を削減し、12月までに1バレルあたり50ドルに値上がりすることを発表して以来、石油市場は不安定でした.OPECと非OPEC生産者の間でより多くの石油を汲み上げる契約が2か月間の世界価格の安定化に貢献した後です。

今日の考察/「GoTo」見直し提言 感染地域対象、営業を短縮―リスクに警鐘・コロナ分科会:時事ドットコムリスク:感染地域での再感染 https://www.jiji.com/.cg/article.jsp?item_id=87618 (著...

過去2週間で1バレルあたり50ドル以上上昇した米国原油価格は、サウジアラビアや他の中東の生産者が米国の生産量増加に対応するために生産量を削減することを懸念して、先週1バレルあたり60ドルまで急騰しました。

米国エネルギー情報局によると、米国の原油生産量は昨年の1日210万バレルから5%増加し、その一部はシェールオイルラッシュによるものです。

今年の米国の原油生産量は、2016年には710万バレルでしたが、主にノースダコタ州のバッケンシェール層など、より高価な供給源からの供給が予想されます。

世界で2番目に大きい石油生産国であるサウジアラビアは、現在のレベルから1日120万バレル、または約4分の1の生産量を削減すると述べました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

日本株、新型肺炎関連が売られる 治療巡る発表を嫌気 – ロイター
jp.reuters.com


Photo by harry_nl

今日の考察/【動画解説】新型コロナ 会食の感染リスク 実際の事例では | 新型コロナ 生活情報 | NHKニュース2008年4月、国立食品・栄養科学研究会議発行。 PDF(942KB このレポートは無料でダウンロードできます。 食事時の感染リス...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です