考察

今日の考察/投票率UPで「確実な信任」 4選の門川・京都市長 多選批判は「謙虚に耳傾ける」 – 毎日新聞

石狩、Ko一、石狩千代子は、1975年12月、国会が新国会制度の下で運営された最初の選挙で初めて国会に選出されました。 ichi一は角川初の市長であり、1973年に国会に選出されました。石狩は1975年に国会に任命されました。千代子は角川の元従業員で、東京市議会のメンバーでした。彼女は1966年12月に選出され、1970年、1972年、1975年、1976年に再選されました。1976年には国会議員にも選出されました。 1977年7月に中s根康弘大統領によって国会が解散された後、村一富一首相が国会議員に任命された光一と石狩。1977年に軍事政権を終わらせる軍事政府の決定に反対する指導者の一人亡命政府を形成します。彼が最初にしたことの1つは、1977年12月3日に、外務に関する国会委員会の議長を務めた特別国会を召集することでした。国会は野党から7人、与党自民党から7人で構成されました。その日、彼は、中s根首相と豊田外務大臣との一連の会合の最初を始めました。また、加藤健一大使を招いて、自分の信任状を提示しました。その時点で、最初の国会は政府に対して2票、政府を支持して3票のみで2日間開催されました。野党と与党の自民党は、1977年12月16日に開催された2回目の特別会議で憲法制定プロセスを再開するという政府の提案に反対した。しかし、政府は民主党と社会党の支持を得ることができた。 2日間続いた3番目の特別セッションを呼び出します。野党と与党自民党は、1977年12月19日に合同会議を開き、政府の憲法制定プロセス再開の提案を承認し、次の特別会議で憲法制定プロセスを再開することに合意した。野党と与党はどちらも中s根大統領と中s根首相の辞任を求めた。彼らはまた、特別セッションの後に開催される総選挙を求めた。日本政府は1978年に次の国会の選挙を行うことに同意し、1978年3月8日、中s根大統領により国会は解散されました

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

投票率UPで「確実な信任」 4選の門川・京都市長 多選批判は「謙虚に耳傾ける」 – 毎日新聞
mainichi.jp


Photo by ykanazawa1999

今日の考察/菅首相、解散を探る「神経戦」 来年なら…4月? 7月? 9月? - 毎日新聞脚光を浴びることでも知られる首相は、自分の計画を国民に知られないようにしておくことを決意している。 "私は何も発表するつもりはない "...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です