考察

今日の考察/新型肺炎、感染ピークは数週間後の可能性も – WSJ

肺炎のために緊急治療室を訪れた患者の60%は、感染性の病気にかかっていました。肺炎のために緊急治療室を訪れた患者の60%が感染性の病気にかかっていました。

「すべての人が細菌性肺炎を患っていたわけではありませんでした」と、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の医学部、外科および公衆衛生部長のマイケル・S・シュワルツ博士は言います。 「私たちは、ほとんどの人が軽度のケースを抱えていたと予想しています。」

「同じ結果が得られましたが、それらが類似していることは知りませんでした」と国立癌研究所の感染症部長のピーター・L・カリス博士は言います。

それは、彼らの研究が感染の単一の発生に依存していたためです。しかし、新しい研究では、彼らは2,000人以上の患者を、米国で最も一般的な肺炎の異なる株と比較しました。

「細菌株に違いはありません」とシュワルツ博士は言います。 「感染のタイミングです。」

彼らが研究した肺炎の発生は、インフルエンザの季節のピークである2007年と2008年に実施されました。

インフルエンザの結果、病院は多種多様な感染症の人でいっぱいになり、患者は潜在的に有害な細菌の多くにさらされていました。

「インフルエンザにかかった患者は、これらのタイプの感染症になる可能性が高くなります」とシュワルツ博士は言います。 「しかし、肺炎にかかる可能性も高くなります。」

今日の考察/【黒瀬悦成の米国解剖】トランプ氏は本当に負けるのか 再選へ4つのカギ(産経新聞) - Yahoo!ニュースケーシッチ氏の選挙管理者は、トランプ氏は「図々しく嘘をついている」と述べている(ワシントン・エクサミナー) - The Washingt...

研究者は、肺炎の患者を、同じ病気のそれほど重症ではない症例で来た11,977人の参加者と比較しました。インフルエンザのシーズンは終わりました。つまり、研究者は比較する患者のプールがはるかに多くなりました。

研究者は、肺炎にかかった人のほとんどが病気の感染性株を持っていることを発見しました。しかし、インフルエンザにかかった患者は、病気のより重度の株を持っている可能性が高くなりました。

著者は、これがインフルエンザのタイミングが肺炎の発症と診断の速さに影響を与える可能性があることを示す最初の研究であると述べています。

「これは非常に興味深い発見です」と、国立衛生研究所の感染症課長のマーク・H・クリコリアン博士は述べています。

「これは非常に重要な発見です」とシュワルツ博士は言います。

一般に、インフルエンザは、患者が最初に感染を発症する年齢よりも肺炎のはるかに良い予測因子です。 「65歳以上の場合、シュワルツ博士は言います。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎、感染ピークは数週間後の可能性も – WSJ
jp.wsj.com


Photo by taylor.99

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です