考察

今日の考察/新型肺炎、新たに3人感染確認 帰国邦人も、計23人に 厚労省(時事通信) – Yahoo!ニュース

に提出:ニュース

これは、1930年代および1940年代に南太平洋の人々と接触した個人によって書かれた本のコレクションです。彼らはすべて、20世紀の太平洋の歴史の中で最も重要な著者の間で、偶然または設計によるものでした。著者のほとんどは、この期間中に少なくとも3回ポリネシア諸国の人々と接触していたため、地域の人々と文化について非常に知識がありました。これらの本は今日あまり知られていないため、一般に公開されることはほとんどありません。著者自身は彼らの社会で非常に尊敬されており、しばしばそれぞれの文化の最も重要な学者の一人でした。著者の何人かは、彼らの連絡先からこの地域を知るまで、太平洋の存在すら知らなかった。このコレクションは、歴史家や人類学者の興味を引くことを目的としています。タイトルは本自体から取られています。

以下は、コレクションに含まれる書籍の一部の説明です。

「南太平洋の新世界:アコンカグアと太平洋諸島のジャーナル、1968年、ニューヨークのアコンカグアプレス社発行。著者は1933年から1944年までこのジャーナルの編集者でした。ほとんどの記事はニューヨーク大学の地域の学生によって書かれた本には、非常に貴重な記事と島とその人々に関する一連の写真が含まれており、それらは本で出版されるかもしれません。

「BIPT:A Pacific of the People of the South Pacific:A Journal of Aconcagua and the Pacific Islands、Aconcagua Press、Inc.、New York、1968.著者は1933年から1944年までこのジャーナルの編集者でした。このジャーナルには、アコンカグア島、ポリネシア諸国のポリネシア人、太平洋の島に関する重要な記事が含まれています。

「太平洋のポリネシアの質問:1948年、カリフォルニアのオリエンタルリサーチオブオリエンタルリサーチによって発行された、太平洋のオリエンタルリサーチのジャーナル。このジャーナルには、太平洋のポリネシア諸国に関する多くの記事が含まれています。ポリネシアの人々、アコンカグアの太平洋岸に関する非常に興味深い記事、およびハワイの人々の起源に関する貴重な記事

今日の考察/首相、「答弁控える」を封印か 「全集中の呼吸どこに」に「指摘受け止める」 - 毎日新聞モスコフ、1月16日。/TASS/. ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、シリア政府に対し、早期選挙を「できるだけ早く」開催し、シリア国民...

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型肺炎、新たに3人感染確認 帰国邦人も、計23人に 厚労省(時事通信) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by Senado Federal

今日の考察/首相、コロナ対応は“低姿勢”に転換 「政治とカネ」では素っ気なく 予算委 - 毎日新聞安倍首相は、故・博仁氏の国葬問題について、今後は「目立たない」アプローチを取るという。 木曜日、安倍首相は、ヒロヒトを国立墓地に埋葬す...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です