考察

今日の考察/新型ウイルス感染者確認のクルーズ船、上陸認可はWHOの見解など参考に検討中=官房長官 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

水曜日に発表された声明によると、世界保健機関はエボラウイルスの犠牲者の命を救うための大きな一歩としてエボラワクチンの使用を承認しました。

WHOの専門家チームが3日間の訪問のためにフランスを訪問し、フランスの専門家やフランス保健省との会議を含む決定が下されました。

「WHOは、エボラウイルスの犠牲者の命を救うための大きな一歩として、エボラワクチンの使用を承認しました」と声明は述べています。

MVA(Multidrug-Resistant Antibody)シリーズの一部であるワクチンは、特別に設計された注射で投与されます。

チームはフランスの専門家とも会い、ワクチンは安全で質が良いと結論付けました。

「現在入手可能な他のワクチンと比較して、MVAワクチンの安全性と有効性は非常に高い」と声明は述べた。

ワクチンの緊急使用の決定は、アウトブレイク制御を加速するのに役立つだろう、と述べた。

WHOは、「両国で対応を加速できるように」、可能な限り早い段階でリスクのあるグループにワクチンを投与すると述べた。

「エボラウイルス疾患は健康危機であり、「ワクチン」の問題ではないことを理解することが重要です」とWHOのマーガレット・チャン博士は声明で述べた。

今日の考察/特急が踏切で軽ワゴン車と衝突、先頭車両が脱線 けが人なし 阪急神戸線 - 毎日新聞5-4-1 - 毎日新聞 掲載 2011年11月14日 東京・東京】京阪本線を走行中のトヨタの旅客列車が高速バスに衝突し、列車が脱線し...

「しかし、ワクチンは大幅な進歩を示しており、ワクチン血清陰性およびワクチン不活化ウイルスが関与するすべての将来のアウトブレイクで考慮されるべきです」と彼女は述べた。

「現在のアウトブレイクでのワクチンの使用は、これらの新しい病気に対する効果的なワクチンの迅速な開発への正しい方向への一歩であるべきです」と彼女は言いました。

チャンは、このワクチンは高度に保護された臨床試験中であり、「試験の第一段階はギニア、リベリア、およびシエラレオネで実施される」と述べた。

試験が成功した場合、WHOは2月にギニアで、3月にシエラレオネで大規模なフェーズ2試験を実施します。

このウイルスは、血液や唾液などの感染した体液との接触によって伝染する、とWHOは述べた。

5月、WHO当局者は、ギニア、リベリア、およびシエラレオネのエボラウイルス病の疑いのある、可能性のある、確認された症例の数が、前月の1,039から1,937に増加したことを発表しました。

現在、シエラレオネには12の研究所があり、ギニアには18の研究所があります。

チャンは、WHOがシエラレオネに状況を評価するためにチームを派遣したと言いました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型ウイルス感染者確認のクルーズ船、上陸認可はWHOの見解など参考に検討中=官房長官 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
www.newsweekjapan.jp


Photo by BrookingsInst

今日の考察/トランプ氏、「抵抗」限界か ミシガン州の共和党幹部が反旗、陣営は感染相次ぐ - 毎日新聞本当の問題は、民主党が草の根の活動家や支持者の力を借りて率先して再建できるのか、それとも最後の戦いに行き詰っているのか、ということだけで...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です