考察

今日の考察/ペロシ下院議長がトランプ大統領の一般教書演説のスピーチ原稿を破いた理由 | ハフポスト

大統領の演説を初めて読んだとき、私は「だれが考えていただろうか」と思いました。

長い間、長いスピーチです。それは私が知らなかったスピーチでした。私は大統領のためにスピーチを書いている人々と多くの会話をしました。私たちは部屋を見回しているだけで、「まあ、本当に長いスピーチのように見える」と思った。

しかし、私はそれが判明した方法が好きだった。 「それは新年を始めるのに本当に良い方法だ」と思いました。

「誰もがスピーチを見て、 『うわー、それは長いです。 「おそらく彼のスピーチをもう一度見に行くと思う。私がするかどうかはわかりません。

私はそれを書いた人々がトランプがやった限りそれを作りたいと思うとは思わない。大統領は作家ではありません。彼はそうしません。彼は自分が何をしているかを知っており、スピーカーです。彼は小説を書く人ではありません。

彼は非常に正確に話す人であり、それは大統領にとって大きな財産だと思います。

スピーチで書かれたものについて注意することが非常に重要だと思うことがあり、それが始まりです。

スピーチが始まり、最初の文は「私が前に言ったように、アメリカはその人々の強さ、彼らの心と夢によって支えられている」です。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

これは、この国の特徴と現在の状況を反映した非常に強力な声明です。

それは、何が正しくて名誉あるものであり、何が良くて公正であり、何が真実であるかというメッセージを続けています。

スピーチの2番目の部分は非常に強力な声明ですが、その後にアメリカが何であるか、何がアメリカを偉大にするかというメッセージが続きます。

それはアメリカが何であるかについての非常に良い入門書です。

それはスピーチの非常に重要な部分でした。スピーチの最初の部分は、アメリカの人々への紹介です。彼らがこれが何であるかを理解することは非常に重要です。彼らはこれが何であるかを知っています。

スピーチの2番目の部分は、アメリカの性格、アメリカの強さ、私たちの国の性格についてです。

それは良い紹介です。しかし、それはまた、偉大で強力な国家の性格でもあります。それは私たちが常にあり続ける偉大で強い国であり、それは常に世界で最も偉大な国です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

ペロシ下院議長がトランプ大統領の一般教書演説のスピーチ原稿を破いた理由 | ハフポスト
www.huffingtonpost.jp


Photo by cdel3133

今日の考察/大阪都構想、前回世論調査から僅差で賛否逆転 反対43・6%、賛成43・3% - 毎日新聞"これまで何度も言ってきたように、今は東京が軽率な動きをしている場合ではない。 慎重になる必要がある」と橋下徹市長。 "都民は変化に投...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です