考察

今日の考察/WHO、新型肺炎で来週専門家会合 「世界流行阻止できる可能性」 – ロイター

しかし、「予防接種」が本物であるか、「副作用の可能性」がないことを確認する方法はありませんでした。

しかし、WHOは現在、世界的な予防接種プログラムで使用されているすべてのワクチンの安全性と有効性が証明されるまで、2年以上かかることを確認しています。

WHOは現在、肺炎の世界的な予防接種プログラムを開発しています。

世界のすべての健康資源の調整を担当するこの機関は、来週、ワクチンの科学的根拠とワクチンの副作用について概説する一連の科学論文を発表する予定です。

論文はまた、プログラムの一部として調査されている2つの可能性のある副作用の研究結果を提示します。

WHOは、2013年9月にマラウイの子どもたちの麻疹、おたふく風邪、風疹、水cellに対するワクチンをWHOの世界予防接種研究センターのチームがテストしたときに、副作用が偶然に特定されたと述べた。

研究者たちは、マラウイで使用されたワクチンの一種である麻疹-おたふく風邪-風疹(MMR)ワクチンを調査していました。

チームは、考えられる副作用の1つ-まれな呼吸器症候群-がワクチンによって引き起こされる可能性があると述べました。

今日の考察/加藤官房長官、04年文書「将来の任命拒否の可能性排除するものでない」 - 毎日新聞"内務省の決定を外務省に知らされていたとしても、外務省の拒否権を持つべきではない" - 外務省 "詳細は知らないが、外務省は任命を辞退...

WHOの当局者は、ワクチンがいわゆる「可能性のある副作用」を引き起こす可能性は非常に低いと述べ、可能性のある副作用はそれだけであると言った。

「マラウイの麻疹ワクチンは安全で効果的であることがわかりました。副作用はないと確信しています」と、世界的な予防接種プログラムを開発しているWHOワーキンググループのメンバーであるWHOのブルース・アルバーツ博士はステートメント。

「過去10年間で、WHOが認可したすべてのワクチン、ユニセフのプログラムで使用されているすべてのワクチンが安全かつ効果的であることが証明されています。WHOは、ワクチンの副作用に関する研究を行っていません」

しかし、世界保健機関(WHO)からの最近の報告は、世界に効果的なワクチンがなければ感染症の「世界的な大流行を止める可能性」があると警告しました。

マラウイで使用されているワクチンに加えて、WHOはナイジェリアとウガンダでもワクチンを検討しています。

「わが国で効果的なワクチンがなければ、感染症の世界的大流行を止める可能性があることを認識している」とWHOのラメシュ・パンディット博士は語った。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

WHO、新型肺炎で来週専門家会合 「世界流行阻止できる可能性」 – ロイター
jp.reuters.com


Photo by Andy E. Nystrom

今日の考察/道内の感染者 6日ぶり20人台|NHK 北海道のニュース2017年8月5日 ゥ 北海道での感染者数は、前年比23%増の1万9841人となったとNHKが1日報じた。 北海道の保健省は先月、英...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です