考察

今日の考察/工藤会の本部跡地、ホームレス支援NPOが購入へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

東京、7月2日(朝日新聞)–東京都知事小池百合子は、約400人のホームレスの人々が仕事を見つけるのを助ける施設を建設するのを助けると約束した。

小池は、東京都庁で開催されたいくつかのホームレス組織との会議で計画を発表します。

小池氏によると、このプロジェクトには30億円の費用がかかり、翌年には25億円の費用がかかります。

彼女はまた、ホームレスの人々が基金から政府の支援を受けるための基金の創設を内閣の財政委員会に提案すると述べた。

さらに、彼女は国会に提案を持ち出すことも提案すると述べた。

「ホームレスは私たちの隣人、私たちの隣に住む人々です」と小池は言った。 「彼らには仕事に公平な機会を与える権利があります。彼らが適切な住宅を手に入れることができるように、彼らのための施設を建設することを優先します。

市はまた、東京サッカークラブ用に10,000席のスタジアムを建設することを計画しており、その費用は4億円と見込まれています。

スタジアムは、政府と民間投資家によって資金提供される予定です。

出典:共同通信

今日の考察/中国側、日米首脳会談に猛反発 台湾は感謝|日テレNEWS24米国と中国は、11月に北京で開催されるAPEC首脳会議の前に、貿易やその他の問題に関する対話を再開することで合意したと、中国政府の報道官...

太陽系外の惑星を直接撮像する初めての宇宙望遠鏡のアーティストの演出。

水曜日に一流の科学者と宇宙の専門家のグループが、地球ベースの望遠鏡によって発見される前に、遠方の世界を撮像できる宇宙望遠鏡を構築することにより、異星の惑星の探索を改善する新しいイニシアチブを開始しました。

目標は、地球から遠く離れた異星の惑星を探索する宇宙望遠鏡を構築することです。 (写真:NASA)ストーリーのハイライト新しい宇宙望遠鏡は、地球外生命の可能性をよりよく理解するのに役立ちます。

目標は、遠方の惑星をイメージングできる宇宙望遠鏡を構築することです。

この取り組みは、異星の世界の画像を撮影できる宇宙望遠鏡を開発するための最新の取り組みの1つです。

このグループは、2018年に打ち上げが予定されているジェームズウェブ宇宙望遠鏡を使用して、大気によって残された光を観察することにより、エイリアンの惑星を検索したいと考えています。

ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡が仕事に任せていれば、これはこれまでに建てられた最も重要な望遠鏡の1つかもしれません。宇宙船は、太陽系から遠く離れた星の周りを回っている太陽系外惑星や惑星などの遠方の物体を観測することができます。

「私たちは、異星人の生活を見つけるための一歩です」と、宇宙の専門家グループの共同議長であるピーター・ジェニスケンスは言いました。

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

工藤会の本部跡地、ホームレス支援NPOが購入へ(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
headlines.yahoo.co.jp


Photo by dbrianhendrixphotos

今日の考察/受け入れ病院 “現場は災害レベル”|NHK 関西のニュース▪ 政府は、病院が複数の施設を運営できるようにすることで、被災地における医療の質を向上させようとしています。新しい法律では...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です