考察

今日の考察/新型コロナ 国内の感染者35人に 中国に次ぐ多さ(20/02/06) – YouTube

コロナは砂漠だ​​けで見られるものではありません。実際、コロナ質量放出は、人間および人工衛星の駆動に使用できる太陽エネルギー粒子の唯一の既知のソースです。これらの粒子は非常に強いため、太陽の磁場を押し戻し、宇宙空間の衛星の性能に影響を与える可能性があります。コロナの大量放出は、これらの衛星の電子機器を破壊し、誤動作を引き起こす可能性があります。 1970年代、米国は世界で初めて太陽エネルギー粒子を使用して衛星に電力を供給しました。過去に夜明けの数時間前から夜空を照らし、夜に照明を作り出し、太陽が沈んだ後も数時間電気システムを維持するために使用されてきました。

このイベントはUTC 20:00に行われ、NASA衛星と地上の望遠鏡で観測されました。 NASAは、このコロナ質量放出を引き起こした原因、またはコロナ質量放出を引き起こして地球の大気に入る原因はまだ明らかではないと述べています。最も可能性の高い原因は、12から12:50 UTCの間に発生した高エネルギーガンマ線バーストまたはコロナ質量放出です。これは、嵐が消えると予想されるときです。ただし、このイベントが宇宙での衛星の飛行に影響を与えるかどうかはまだ不明です。

1980年代には、コロナの研究に使用されていたいくつかの望遠鏡が、コロナの大量放出によって損傷を受けました。したがって、これらの望遠鏡は現在の出来事を観察するために使用されませんでした。これは、このイベントを引き起こしたコロナ質量放出がコロナではなく、代わりに高エネルギーガンマ線バーストであったことを意味します。

コロナ質量放出は、太陽系ではかなり一般的な現象ですが、これらのイベントの発生率は1970年代以降低下しています。これらのイベントの割合は、太陽フレアの割合に似ています。太陽の日に1回発生します。ただし、これらのイベントの割合は肉眼では常に見えないため、肉眼では見えないためです。 1980年代には、これらのイベントの発生率が大幅に低下したため、これらのイベントの発生率も低下する可能性があります。

このイベントは、1980年代以来の太陽系における最初のコロナ質量放出であるため、このイベントが宇宙の衛星に何をもたらすかを予測することは困難です

※この考察はフィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。

この考察の出来はいかがでしたでしょうか。ご判定を投票いただくと幸いです。
 
- 投票結果 -
よい
わるい

今日の考察/記述なしでも「時間足りない」 共通テスト何が変わった:朝日新聞デジタル1993年に試験が始まって以来、初めて政府の共通テストが今年からコンピュータ化されました。共通テストでは初めて、初日がテストの初日でもあ...

今日はこのテーマで考えてみようと思います。

新型コロナ 国内の感染者35人に 中国に次ぐ多さ(20/02/06) – YouTube
www.youtube.com


Photo by torbakhopper

今日の考察/ワクチン先行接種、国立病院機構などの医療従事者を対象に : 医療・健康 : 読売新聞オンラインオンラインで公開されました。2005年8月19日 著者 おおい 全長:1,066語 お気に入りのセリフ "他人に自分の体をどうしろ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です